2024/5/22

【意外】あの三菱商事が「新卒主義」「年功序列」をやめた理由

NewsPicks マクロ・マーケット担当記者
「三菱商事からスカウトがきた!!」
こんな内容の複数の投稿が、4月にX(旧Twitter)上で話題になった。
CMを見ればわかるように、今どき、転職サイト経由のスカウトは、それほど珍しいことではないはず。ただ、それが「三菱商事」となると事情は変わってくる。
誰もが憧れる、高給かつザ・商社マンの最強ブランドイメージ……。
就活・転職人気もトップクラスで、黙って待っていても、志望者は山ほどいるはずだし、そんな三菱商事が、自ら声を掛けて取りに行くなんて──。バズの背景には、こうした企業イメージとのギャップが見てとれる。
ただ、実のところ、三菱商事の人事戦略は今大きく変革を遂げようとしている。
新卒採用後は年功序列で終身雇用、しかも一度配属されたら、その事業部で定年までキャリアを磨く──。こんなイメージはもはや過去のものとなり、今や、足元では中途採用も急増している。
人材は常に盤石なはずの三菱商事が、なぜ今あえて「攻めの採用?人事」に乗り出そうとしているのか?
NewsPicks編集部が、その次なる人事戦略の真髄に迫った。
INDEX
  • 静かに変わる年功序列
  • 超人気企業の「危機感」
  • エリートを「見える化」
  • 3つの「リーダー像」を意識せよ
  • 外部人材、「第二新卒」を獲得せよ

静かに変わる年功序列