[17日 ロイター] - サッカー界のスーパースター、アルゼンチン代表のリオネル・メッシが13歳のときにスペイン1部のバルセロナ加入に合意した際の有名な「紙ナプキン契約書」が、76万2400ポンド(約1億5000万円)で落札された。競売会社ボナムズが17日に発表した。

このナプキンは2000年12月、当時バルセロナのスポーツディレクターだったカルレス・レシャク氏がテニスクラブで昼食をとりながらメッシを獲得することで代理人らと合意した際、契約書代わりに使用されたもの。

メッシはバルセロナで30以上のタイトルを獲得し、同クラブ歴代最多672得点を記録。サッカー専門誌フランス・フットボールが選定する最優秀選手賞「バロンドール」に最多8回の選出を果たし、2022年ワールドカップ(W杯)では母国を優勝に導いた。

ボナムズの担当者は声明で「メッシのキャリアの発端となった有名な紙ナプキン。それはメッシの人生、バルセロナの未来を変え、世界中の何十億ものファンにサッカーの素晴らしい瞬間をもたらすことに貢献した」と述べた。