2024/5/17

【決算解説】銀行がいつの間にか「高収益企業」になっていた

NewsPicks 金融ジャーナリスト
銀行の業績が絶好調だ。
2023年度(2023年4月〜2024年3月)の3大メガバンクの連結決算が15日までに出そろい、純利益の合計は過去最大の3兆1300億円。
三菱UFJフィナンシャル・グループと三井住友フィナンシャルグループの2社は過去最高だった。
どうしても古いイメージのある銀行だが、いつの間にか「高収益企業」となっている。
10年以上続いた「金利のない世界」でもがき苦しんだメガバンクは、なぜ復活したのか。
そして好調はどこまで続くのか。
専門家への取材をもとに、3メガバンクの決算を解説する。
INDEX
  • 円安・金利上昇で「形勢逆転」
  • 「攻めの融資」が拡大
  • 銀行業には「良い時期」
  • 死角はあるのか?

円安・金利上昇で「形勢逆転」