新着Pick
日刊自動車新聞
ウーバー・ジャパンによると、フィリピン政府はUberなどが提供するアプリベースのライドシェアが既存のバス、タクシーなどに加えて、新たな交通オプションになるとして「交通ネットワーク車両サービス」と...
45Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
いいねぇ。発展途上国の都市部の渋滞はどこも酷いし公共交通システムの導入は資金面や用地確保の面でも難しいからね。
ウーバー的サービス、フィリピンは色んな分野で進むかも。中途半端にインフラのある国よりも、一気に広がりそう。こういうサービスの潜在性は、既存インフラとか法や規制が時代遅れになっている先進国よりも、これから造る新興国で大きいのかと感じた記事。
川端さんのご指摘通り、先進国よりも新興国のほうがテクノロジーの潜在性は高そう。新興国では携帯が普及していなかった分、まずスマホスタートという状況に似ていると思う。
国レベルは初なんですね。ドローンの話にしても法・インフラレベルの意思決定スピードが圧倒的に新興国は早い。しかも、素晴らしいコメントですね。
『ジョセフ・アバヤ運輸通信大臣は「より優れ、安全、便利、かつ効率的な移動手段を利用できることはすべてのフィリピン国民が有する権利。我々は政策を近代化させ、革新的な解決策を施し、交通分野を進化させることを目指す」と述べた。』
ほんと、UBERももう少しうまくロビイングすればきっとこういう事例たくさん出てくるのに・・・。最近そのあたりの手当てもされているようなので、今後に期待です。
Uber(ウーバー)は、アメリカ合衆国の企業であるウーバー・テクノロジーズが運営する、自動車配車ウェブサイトおよび配車アプリである。現在は世界70カ国・地域の450都市以上で展開している。 ウィキペディア
時価総額
6.36 兆円

業績