• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

TikTokが米Z世代にもたらす「マネー異形症」

The Wall Street Journal
43
Picks

この記事は有料会員限定の記事となります

無料トライアルに申し込む

コメント


注目のコメント

  • 塚本 俊太郎
    badge
    金融教育家

    以前はテレビや雑誌で取り上げられたものがブームになっていましたが、今はTikTokになったということでしょうか。情報の取捨選択が求められることは変わりがないので、情報リテラシーを身につけることが大切ですね。


  • 佐藤 元則
    badge
    NCB Lab. 代表

    マネー異形症の原文はMoney Dysmorphia。醜形恐怖症とも呼ばれています。十分きれいなのに、他人より醜いと思い込むというような慢性的に不安に思ってしまう障害です。

    SNSが引き起こす強迫観念。断捨離ではありませんが、脱SNS、脱TikTokが処方箋です。放っておくと、刹那的なお金の使い方に走ってしまいます。


  • 高木 良和
    株式会社デジタルホールディングス/至善館二期生 部長

    情報がレコメンドされ、自分が観ているものに関連した情報ばかりが目に入ってくると、あたかもそれが世界の全ての様に思える。学生時代のコミュニティのように"そこが世界の全て"という錯覚に陥ると、得てして通常判断が出来なくなる。まだ自分の軸が固まり切らない世代にとっては、それは危険である。
    『エコノミストや20代の若者によると、TikTokは、若年成人は実際には経済的に恵まれているという現実と本人の認識との間にずれを引き起こしている。このずれから生まれたのが、若者が自分の経済状況をゆがんだ目で見ていることを指す「マネー異形症」という言葉だ。』


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか