新着Pick
110Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
まあでも、攻めてる姿勢は評価するよ
ライバルが食品ではなく、おかし=コミュニケーションツール→LINEという捉え方が面白い。
ポテチ老舗の挑戦に目が離せなくなりそう。
昔、通信アナリストが余暇時間と可処分所得の詳細なデータを見ながら論じていたのを思い出した。ちなみに、その視点からみると、業界分析より売上高と営業利益はどうつくられるかに集中した方がよいと、いうことがあった。
この人にお会いしたい!(^^)
消費者のニーズを「モノ」から「コト(経験)」に転換して捉えてる部分が面白いですね。ただ、本当に美味しいのかな。BtoCはお客さんが求めているものしか最終的には売れ続けないので。
めちゃくちゃ面白い。やはり日本のクリエイティビティは歴史のある企業にもあるんだと思う。もちろん新興企業にもあると思うけれど。
日本人にとっては、ある程度安定的な収益があって初めてできる振り切れた発想というのもあるのかも。
そういう意味で、ベンチャーを支えるファイナンスがしっかりしてきたら、意外と面白くなるかも。

業績

株式会社湖池屋(こいけや、英語:KOIKE-YA Inc.)は、スナック菓子を中心とする商品の製造・販売を行っている日本の菓子メーカーである。 ウィキペディア