新着Pick
110Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
たばこ会社側弁護士のこの言葉がすべてです。「企業は消費者が下した判断の責任を問われるべきではない」
人気 Picker
タバコ事業はこの手のリスクがこれからますます大きくなる
JTが抱える訴訟のほとんどがカナダに集中しています。JT負担分はこのままいけば約2000億円。一括で支払えと言われる訳ではないので、まぁcost of doing businessですな。ちなみにこのリスクは投資家には知られているはずです。知らなければ単に調査不足です。
賠償金負担比率から計算すると、約1950億円。もちろん、JT含めて不服声明は出している。
訴えの理由では該当法令も書いて欲しい。PL法の警告義務違反か一般不法行為による損害賠償請求かな?
大麻が合法化された場合、訴えの利益はあるのでしょうか?
タバコの訴訟っていつも賠償金の額が大きい。タバコの健康リスクよりも、ビジネスとしてのリスクの方が高いんじゃないかな。
ESGリスクの現れ。Tobacco産業に投資しない方がいいシグナル。