新着Pick
147Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
インテルがアルテラを167億ドル(約2兆700億円)で買収。当初、アルテラはインテルの提案を拒否していたが、一部株主からこの提案を受け入れるよう圧力をかけられていた。WSJによると、今回のアルテラの買収によってインテルにとっては、FPGAという技術がとても重要な意味があるとのこと。
>FPGAは製品が出荷された後に構成を設定できる集積回路で、最初から専用にデザインされた製品ほどの処理速度は実現できないものの、いくつかの分野では魅力的な選択肢だ。さらには、大規模なデータセンターにFPGAを追加する新たな潮流もあり、これがインテルの先行きにとって特に重要な意味を持っている。
https://newspicks.com/news/992761
4月の買収物別れ時のPickが下記。当時1株50ドル前半で買収提案されて他とされ、今回54ドルで決定。前回コメントしたが、バリュエーション的には結構高かった。破談したときと同程度の水準で合意した、Alteraは株主からプレッシャーでも受けたのではないだろうか?
なお、本件はIntelにとっては過去最大の買収案件。
https://newspicks.com/news/914722/
資金力があるっていいね
マクロでみるち半導体の再編は終わったと思ってた。インテル、サムスン、TSMCの三強には変わらないだろうがIOT、データセンターブームで、大手が中継のスキルを買収という構図はグローバルにまだつづきそうですね。
約二兆円の買収。
下記日経の記事もご参照。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM01H96_R00C15A6FFB000/
半導体業界のM&Aは、Web業界のそれとは1ケタも2ケタも違うな。個人的にはプログラマブル半導体なるキーワードが気になるところ。
これでいずれAMATとTELの統合話が再燃するかもしれない。ターンキーを中国でやれるのは現在のプレーヤーは嫌がるだろうが。
米国株が一段上げるにはM&Aの拡大が不可欠ですね。今年に入ってヘッジファンドでは、イベントドリブンが好調
多業種がAIやらで殴り込んでくるなか、半導体ど真ん中も急速にスピードアップを求めているのね
巨人が勝負をかけてきましたね。すごい買収額。
インテル(英語: Intel Corporation)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く半導体素子メーカーである。 ウィキペディア
時価総額
22.4 兆円

業績

アルテラ(Altera Corporation、ナスダック: ALTR)はアメリカのプログラマブルロジックデバイスの代表的企業である。創立は1983年で本社はカリフォルニア州サンノゼにある。日本法人は日本アルテラ株式会社。 ウィキペディア

業績