新着Pick
178Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
好みの問題でしょうが、家も含めて、モノを所有することで自分の生活がモノに縛られることがとにかく我慢できません。できることなら何も持ちたくない。
難しいですよね。
経済論だけだと山崎先生のおっしゃるとおり。
でも、こと「居住生活」の充実度だと購入物件の方が上ですし。
賃貸はやはり様々なコストダウンをしているので、一概に経済論だけで決められないのが実情。

よく言われるのは「本当の金持ちだったら一生賃貸が幸せ」。
中流層は意外と持ち家の方が生活の満足度は上がります。月々の支払い額に対しての物件の質が上がる可能性が高いので。
まだこんなこと議論してんのか笑。とっくに終わった話だと思ってた
不動産マーケットが効率的なら、不動産価格と賃料水準が調整され、結果経済的には購入と賃貸で差はないというのが原則。その上で、両者の最大の性質の違いは、地価上昇のアップサイド又はダウンサイド・リスクをとるのが購入で、いつでも解約可能で将来のフレキシビリティを確保できるのが賃貸ということ。各人のリスク耐性、相場観、ライフスタイルから購入・賃貸を選べば良い。

なお、資産形成を行う上では、山崎さんの記事で触れていない「インフレ対策」という点も最重要論点の一つ。この点、中古マンションを住宅ローンで購入するとインフレ対策になることを指摘したい。

例えば、各人のアセット・サイドを外国人も好みそうな都心部の中古プレミアムマンションにしておくことを考える。不動産は円預金と異なりインフレ耐性がある。また、都心部の中古プレミアムマンションは、新築のような急激な価格下落は起きず、継続的に売買が活発であるためおおよその相場ができており、極端な高値掴みのリスクも低い。さらに、東京の蓄積されたインフラと地の利は、東京をしてアジアの中でも引き続き魅力的な地位に維持せしめる。

一方のライアビリティ・サイドについては、例え十分な現金があっても足元で格安の住宅ローンを調達しておく。今の住宅ローン市場は出血大サービスの格安金利で大金を調達可能。インフレ時においては、保有円建預金が減価しても、住宅ローンも同時に実質減少するため、ALM(Asset Liability Management)が機能する。住宅ローン分余った手元現金は、外貨建資産で運用しても良い
経済的合理性を考えれば確かにそうなんでしょうね。個人的には、老後の安定した住居の確保がなければ持ち家の選択も悪くないと思います。
あのアメリカでもミレニアム世代=2000年以降成人した層は家を買わない傾向にあるとか ピックみてると先進各国でクラウド文化というか持たない文化が浸透してるみたいやね
心底気に入った場所があって、可能な限りずっと住み続けたいと思うなら一軒家を建てたら良いと思います。私は今のところそういう場所に出会えていないので賃貸です。そんな出会いがあった方がとても羨ましいです。

持ち家を持つ安心感<何処にでも住める身軽さ が今のところまさっています。何か起こった時に選択肢が多い方がいいなと思うからです。

持ち家を望む理由として手狭ということがあると思いますが、一戸建ての借家であれば解決します。

家も出会いですね。ここだ!と思うフィーリングも大切にしていいと思います。
経済合理性なら記事の通りなんでしょうね。ただ、自分好みに家をカスタマイズして、地域に根付きたい僕は持ち家派です。これも経済合理性だけでは計れない一種の所有欲なのかもしれません。
住空間について価値観があわないカップルって大変だと思う。説得とか言う時点で、今後はどちらかがずっと納得しない不幸な生活になると思う。経済合理性で何でもかんでも行動できますかね?
理屈からいえば家なんて買うのは馬鹿なんだけど「所有欲」って大事。車も理屈から言えばカーシェアリングでいいし、家具もレンタル、家族もレンタルでいいやみたいに・・
株式会社ユーザベースは、「経済情報で、世界をかえる」をミッションに掲げる日本のスタートアップ。ソーシャル経済メディア「NewsPicks」及び企業・産業分析を行う人向けの情報プラットフォーム「SPEEDA」などを提供している。 ウィキペディア
時価総額
838 億円

業績