新着Pick
54Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
記事全体はベトナムの家庭の実情を垣間見るものとして興味深い。これまでにベトナム人の友人や、テレビや雑誌等で見聞きした話とも整合性があります。

ちょっと視点を変えて・・・(脱線?)
ベトナムって既に特殊合計出生率が1.77。一人当たりGDPが10,804USDとベトナム(2053USD)の5倍近いマレーシアはまだ1.98とほぼ2(2012年世銀調べ)。なんとタイの出生率1.41。比較参考として日本は1.41、中国は1.66。アメリカは1.88、フランスは2.01。

東南アジアは若い、活気にあふれていると一般的に言われますが、少子化は既に来ています。タイ、ベトナムははっきりと。他の主要国はまだ大丈夫だし(インドネシア、フィリピン)、移民受け入れ政策の差もある(マレーシア。もちろん、合法的で統計に出るような移民ということ)。

この点は大泉啓一郎「老いてゆくアジア―繁栄の構図が変わるとき」(中公新書、2007年)を参照。この本、8年前にアジアが「老いていく」と喝破して、中国とタイの事例を研究している点が改めて驚き。大泉さんの次の著作「消費するアジアー新興国の可能性と不安」(中公新書、2011年)も見事。今、アジアの消費が盛り上がっているというのが一般的ですが、大泉さんは先に高齢化を指摘し、消費の盛り上がりは4年前に指摘。更に、単に消費だけでなく、メガシティという概念を導入し、国家レベルではなく、都市レベルの経済圏の見方を提唱。そして、「老いていくアジア」でもメガシティ都市として機能すれば活路があると。すごい先見の明です。

あと北畠さんの視点には同意。ベトナム全体のなかでの位置付けで読むことも大切かと思います。