新着Pick
213Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
コムキャストがヴォックス・メディアの買収に動いているというのは初耳。とにかくこの業界は凄い再編が進んでいる。ニッチか最大手しか生き残れないといのはその通りだと思う。
個人的には、ウェブの世界のコンテンツが今一つ収益に繋がっていないのは、広告そのものの中身の革新が停滞していることにも一因があると思う。
もちろんテレビに比べ小規模な投資で広告が作れることはメリットだが、やはりスーパーボウル枠程ではないにしろ大規模投資によるコンテンツとして観られる広告が少ない。

ウェブがターゲットの最適化を革新している間に、テレビはブランデッドエンタテインメントや、web連動広告等の新しいアイディアを形にして来た。
ウェブ広告のクリエイティブの革新が遅いと、ウェブコンテンツの価値はお金に変わらない。

一例だが、いわゆるネイティブアドは、接触時間が長くてまとまった投資が入りやすく、かつコンテンツと一体化しやすいウェブの特性を活かした一つの革新の形。コンテンツの価値向上のためにももっと発展すべきだと思う。

よいコンテンツが正しく収益化される世界であって欲しいし、NPはその先駆けであって欲しい。
価値のあるコンテンツのコストはタダではないのだから。
Voxがrecode買ったのか。果たして2~3年後の日本はどうなるのか。
林立していたメディアが再編の動きを見せています。が、日本にはリコードやVox、またアプリだとCircaくらいの大きさのあるメディアがまだまだ小粒。
しかし、どんどん分散したものが収束しているのは確かで、これは日本も後を追うことになるでしょう。ただ、VerizonのAOL買収はKDDIのメディア買収と被るところもあり、活かすも殺すも経営手腕次第という状況は変わらないかと思います。
逆に、HypebeastやMashableのような知名度はあれニッチはまだまだ生き残りそうですが、メインストリームの場外になるかもしれません。
タイム・ワーナーが、かつてタイム社とワーナーコミュニケーションズ社で、名前には載ってないけどAOLに買収されていてTBSやHBOが傘下に居る、という事は、今まで地殻変動が終わった事は無いと言えそう。
Comcast Venturesにそんな動きがあったのか。オンライン動画関連も主要なプレイヤーは大手メディアに買収され、買収されないにしても多くが大手メディアから買収に含みを持たせて出資を受けている。それだと、あんまり面白くない。
アメリカの動きは日本にやってきそうな気がする。
米メディアの合従連衡は、以前からあったし、コンテンツバブルの終焉という見方は一面的な気がします。
それにしても日本だけ蚊帳の外な感じですね。
自分でコンテンツ生成するのはとてもお金がかかります。それをマネタイズするには相当規模のキャッシュマシンが必要。

業績

業績