新着Pick

朝日新聞は「戦後70年謝罪談話」を出せ

アゴラ 言論プラットフォーム
朝日新聞が、また北岡伸一氏に「侵略」を語らせている。彼の論旨は「謝罪より未来の話をしよう」ということなのに、朝日はまた侵略の謝罪の方向にもっていく。それなら侵略のお先棒をかついだ朝日が謝罪談話を出すべきだ。
21Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
笠信太郎の件はどうだか知りませんが、朝日は『新聞と戦争』『新聞と「昭和」』などの大型連載で、戦争のお先棒を担いだ反省をしており、大手メディアでは最も良心的です。政府に反省を迫る資格はあるし、反省を迫ることこそ過去の過ちを繰り返さないため必要です。
人気 Picker
いままで朝日新聞読んでなかったのに、最近よく読んでいる。それは朝日新聞がまた変なことを言っていないかチェックするためだ。新聞は社会の木鐸であるべきなのに、全く社会に害毒を撒き散らす存在になってしまった。
朝日が「侵略戦争」や「大政翼賛会」を語るのはヤブヘビだということを、無学な社会部記者も知っておいたほうがいい。