新着Pick
629Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
皆様、貴重なコメントありがとうございます。フライヤー教授の研究は、実に90億円以上のお金を使って、米国の主要5都市で行われたという非常に壮大な研究でした。この後、「ヤバい経済学」のレヴィット教授らもこの分野の研究に参入し、「お金」以外の外的インセンティブについての研究を行っています。また複数の方がご指摘になっている「褒める」というのも非常に重要な外的インセンティブなのですが、これについては紙面の関係上、こちらでは書きませんでした。しかし「褒め方」にも重要な「コツ」があります。ご興味があれば、6月18日に発売の「学力の経済学」を是非お手にとってご覧ください(笑。一見、学力や学歴偏重の本のように見えるかもしれませんが、実は「学力」以外に大切なものがあるということが本書で私が一番言いたかったことです。教育経済学の研究に関心を持っていただき、しかも多くのコメントを頂けて本当に嬉しいです。
パブロフの犬になるよ
東大に入ってびっくりしたのは関東の子供たちが小さい頃から勉強ばっかりしてたこと。他人の評価を気にすること。私は関西の進学校でしたが、そこでも勉強ばっかりな子はダサいいイメージでした。自分らしく好きなことしてる人が尊敬を集める。三木谷さんや孫さん、柳さんなど起業家は西側の人が多いので、そういう地域文化の影響はありそうです。
インプットにインセンティブを与えた方が効果が大きいというのは面白い!
併せて、好奇心が本当に重要だと思った。プロセスにインセンティブを自発的に感じてる状態だから、結果にもつながって好循環につながりそう。
テストは正直どうでもいいと思うが、「好きこそものの上手なれ」。
すごく納得の内容。インプットかアウトプットどちらにインセンティブを与えるか。結果よりも過程が大切とかいいますけど、あながち間違っていないんですね。「ご褒美」に向かって何をすればいいのかが明確になった方がいいというのはとてもわかりやすい。
地方の小さな八百屋の息子に生まれ、何かにつけて「手伝いをしたら何とか」方式で育った私。小学生のころから「働かざる者食うべからず」というのが我が家の教え。

平日は店じまいの手伝い。週末は朝の店だし、店番、夜の閉店作業、自動販売機の補充。長期休みは父が行く成果市場に同行して荷物の運搬手伝い、取引の市役所や小学校への配達。ひと箱10キロのミカン箱を運ぶのは、小学生にとってはなかなかの作業。

我が家では小遣いやゲームソフトは労働の対価。時給100円前後ですが(笑)。

釣っちゃだめなら、ワタクシの人生が全否定される。ちょっと何かしたから数千円とか何万円相当とかの甘やかしはダメだけど、努力や労働に対する常識的な対価はありだと思う。

ま、児童福祉法違反ですが、今風に言うなら(笑)。
面白い。ニンジンの種類への言及かと思ったら、インプットとアウトプットのどちらへのご褒美が効果的か、というのは自分にはなかった視点。良い気づきになりました。
【教育】インプットへのインセンティブは継続することでアウトプットにもつながるのではないかと思うので、多くの子どもにとって悪い話ではない。ただ、この教育方法が可能なのは運営する側がきちんとインセンティブを付与できるかという点も重要なのではないか?つまり、貧困層の場合はお金というインセンティブをそもそも付与できない。
子どもが小さいうちは、アウトプットのためにどんなインプットが必要か、自分ではなかなかわからないんでしょうね。
子どもが大きくなるにつれて、インプット、アウトプット、アウトカム、インパクトをロジカルにつなげてそれぞれ成果指標を定めて管理できるように、サポートできたらいいなぁ。
って、自分がまだできてなかったりして(苦笑)
金銭的報酬を与えることでパフォーマンスが落ちる、という実験は有名な実験だと思っていたのですが。。。