新着Pick
1180Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
10項目すべてがどの職場でも活かされるべき内容。Googleが魅力的な企業であり続ける理由がわかる。
さっきまでGoogleのエンジニアと会話してました。
彼らはプロダクトはGoogleのプロダクトではなく「自分のプロダクト」としての持っています。
なので、セールスも含めて実現に向けてのコミットやサポートが素晴らしい。
Googleという会社で、プラットフォームを使いながら自分のビジネスを展開する、なかなか楽しい組織構造だと感じました。
3:自分より優秀な人だけを採用する

人間の心理的にこれがなかなかできない
Googleだからできるでしょ、と思う部分もある。でもやろうと思えば、自分でできること、自分たちの会社でできることも多いと思う。取り入れられること、どんどん取り入れていきたいもの。
全て腑に落ちる。グローバルカンパニーとは、凄いものだ。
>5:最高のパフォーマンスと最低のパフォーマンスの両方に注目する
>一方で、パフォーマンスが最も低い社員も見過ごしてはならない。彼>らを採用した理由を振り返り、才能を生かしきれない仕事を与えられ>ているだけなのか、それとも本人が会社に合わないのかを確認する。

この厳しさが流石だなと思いました。

特別なことをしているようだけど、Googleは人事の基本を徹底しているということがポイントだと感じます。

ドラッカーは「会社経営の究極の手段は人事である」と書き、4つのポイントをあげてます。

①ある仕事に就けた者が十分な成果を上げられなければ、人事を行った自分の間違いである。
②責任感のある者が成果を上げられるようにすることは、経営陣の責任である。
③あらゆる意思決定のうち、人事ほど重要なものはない
④人事には避けなければならないことがある。たとえば外部からスカウトしてきた者に初めから新しい大きな仕事を与えてはならない。リスクが大きい。
うーん、至言満載。
こういう会社で働きたいし、こんな働き方ができる会社にしていきたい!
達成できないミッションを掲げる
いいね
「Work Rules!」読もう。
Google LLC(グーグル)は、インターネット関連のサービスと製品に特化したアメリカの多国籍テクノロジー企業である。検索エンジン、オンライン広告、クラウドコンピューティング、ソフトウェア、ハードウェア関連の事業がある。 ウィキペディア