新着Pick
7Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
東ソーは1942年から臭素および臭素系難燃剤を製造・販売している。たしか、日本で唯一製造で原料は海水だったと思う。臭素は水浄化剤や農薬原料などの用途がある。それもあり、国内独占販売権取得という流れでしょう。難燃剤などは、日本ではADEKAが大手でケムチュラと競合。ただ、大手各社は自家消費用としても製造している。大手は特殊なものを外部調達する傾向がある。
難燃剤などは樹脂添加剤と呼ばれるもの。各種プラスチックは、添加剤を加えることで性能が変わる。これは燃えにくくなる(なので自動車などでは必須)、あとは光安定剤とかを加えないと経年劣化でプラスチックが曇る。
プラスチックの使用量は全般増加傾向。特に添加剤は多くの機能がある裾野が広い分野。顧客メーカーと研究開発するなかで磨かれる部分も多いと思う。昨日の3Mの下記記事にもあったが、日本で開発して世界へというのは絶対ある。日本の東ソーにもADEKAにも頑張ってほしいエリア。
https://newspicks.com/news/983904
東ソー株式会社(とうソー、英語: TOSOH CORPORATION)は、日本の総合化学メーカー。本社は東京都港区にあるが、登記上本店は山口県周南市(旧・新南陽市)。旧社名は東洋曹達工業。東京証券取引所一部上場。 ウィキペディア
時価総額
4,814 億円

業績