新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

364Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
Airbnb創業メンバーから感じるのは、逆境においてもアイデアでポジティブに転換していく「明るさ」。今回のインフォグラフィックは、彼らのそんな前向きな姿勢をデザインで伝えたいと思いました。
やっぱり分かりやすい。なんとなく知ってる、みたいな企業は全部このパターンで紹介してほしい。このタイミングでtwitterとか見てみたいかも。
このような見せ方は、既存の紙の本には合わないなぁと気づいた。多分、1ページに1スライドの本になると思うけど、ページ数の割に読むスピードが早くてすぐ終わってしまう。カラーにするとコストもかさむ。子どもの絵本なら何回も読むけれど、これだと流石にその頻度では読まない。ということで、コスパがすごく悪くなっちゃうなぁと。ネットメディアならではの表現方法
Yコンビネーターのポール・グラハムは"Airbnbのアイデアそのものに感銘を受けなくとも、シリアルを売るという方法で資金調達をした創造性に感銘を受けた"のだそう。
結局、VCは事業そのものだけではなく、「経営陣の創造性」に投資するのだなぁ。
インフォグラフィックが好評でとても嬉しいです。今後も、デザインにはさらに力を入れていきます。デザインと表現こそ、NPの要ですので。
恥ずかしながら社名の由来が、bed&breakfastとは知らなかった
サンフランシスコの法律化は注目ですね。50$の登録料と、14%の宿泊税の支払いがどのくらいハードルになるかは今後を見ないと分かりませんが、違法ダーーー、といい続けるよりしっかりと法律の枠内で対応するというのは素晴らしいですね
すごく分かりやすい。
「オバマ・シリアル」で苦境を乗り切ったとは…おまけに1箱40ドルって高っ!でも、どんな手段使っても苦境を乗り切ることは重要。
シェアリングエコノミーと現行法との齟齬は、色々な点で課題となるだろう。法律があるには背景があるので、全てが変わるべきとは思わないが、お互いに対立しすぎずにユーザー利便性があるところに落ち着いて欲しい。
面白い。これも保存版。まさかシリアルで最初の資金調達したとは知らなかった。
「新たなサービスをどのバケツに入れるのか」これは法治国家とグルーバル企業の対立と大きく見ることもできるかもしれません。
また、ブライアンチェスキーは「第三のバケツが必要だ」とも言っています。
Airbnbが「AirBed & Breakfast」の略だとは知らなかった!