[東京 25日 ロイター] - 日銀は25日に公表した5月の金融経済月報で、4─6月の鉱工業生産について「いったん横ばい圏内の動き」との見通しを示した。前月と同じ判断だが、自動車など輸送機械で「軽自動車を中心に減産に転じる」との指摘を追加しており、若干慎重な見方となっている。足元の景気の総括判断は「緩やかな回復を続けている」とし、前月の「緩やかな回復基調」からわずかながら上方修正した。

先行きの生産については、前月の「緩やかに増加していく」との判断を据え置いた。しかし、4─6月は、鉄鋼が「(自動車など)輸送機械の減産の波及やアジア需給の悪化を背景に減少する」などと指摘した。

足元の景気については、個人消費の判断を上方修正。「底堅く推移している」との判断は据え置いたが、「一部に改善の動きに鈍さがみられる」との文言を削除した。住宅投資も「下げ止まっており、持ち直しに向けた動きもみられる」とし、「下げ止まりつつある」との前回判断から引き上げた。

一方、公共投資については「減少傾向に転じている」とし、前回の「横ばい圏内」から下方修正した。

原油・非鉄など商品市況が小幅上昇したのを受け、企業物価の先行きについて「当面緩やかに上昇していく」と判断を引き上げた。前月は「下落幅を縮小していく」とみていた。

(竹本能文)