• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

テスラの納車台数、予想を大きく下回る-前年比減少は2020年以来

264
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン

注目のコメント

  • badge
    株式会社クラフター 代表取締役社長

    TeslaはQ1の納車台数を38万6810台と発表。アナリスト予想平均の44万9080台を大きく下回り、兼ねてから予期していたが株価も7%ダウン。

    高金利が消費意欲を抑えているのもそうだが、EV好きな層に売れ渡ったのでは?
    San Francisco市含め南のスタートアップが多いITエリアでは、至る所でTeslaが走っている。
    イノベーター理論で考えるとアーリーアダプターを取り切り、価格などシビアに見るマジョリティに入っているとなると、この難所を突破することでキャズムを超えることになりそう。


  • badge
    立教大学ビジネススクール 教授

    1年以上も値下げを繰り返してきたにもかかわらず成長が鈍化しているテスラ。メーカーとしても株式投資先としても熱狂が冷めてきています。主戦場である米中において3万ドル以下の価格となる低価格モデルの投入までは、キャズムを超え、これまでの成長を超えるのは困難と見られ始めています。先月には⒈2万ドルのFSD自動運転ソフトの1ヶ月無料提供検討を発表しましたが、自動運転レベル3実現の発表等、自動運転分野で熱狂する材料が出されるのを期待したいところ。イーロンマスクの逆襲は必ずあると思います。尚、BYDが前期比43%減の販売低迷となり、テスラは上記台数でも同四半期EV世界販売台数トップをBYDから奪還しました。https://ir.tesla.com/tesla-vehicle-production-deliveries-and-date-financial-results-webcast-first-quarter-2024


  • badge
    NASA Jet Propulsion Laboratory 技術者・作家

    ぶっちゃけ、LAの道はテスラだらけでもはや目新しさがないのよねー。車種を極端に絞る戦略が裏目に出ていると思う。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか