新着Pick
825Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
宿泊施設マッチングサービス Airbnb。オンラインビジネスの世界では、いまとなっては知らない人はほとんどいないと思うが、世の中全体ではまだまだ未知の部分が多い企業とそのサービス。目を見張るほどの驚異的な成長を遂げている一方、その合法性についても世界各地で議論が巻き起こっているなか、とてもタイムリーな特集。編集部の皆さん、素晴らしいです。

この予告編でも触れられているが、Airbnbの成長でさらにまた明らかになったのは、オンラインビジネスでよく言われる「First-mover advantage」(先行者が圧倒的な有利なポジションを獲得すること)が明確に反駁されたこと。この領域にも、 couchsurfing.com という先行サービスがあったので、当初はAirbnbの成功を予想する人は少なかったと思うが、その後の大胆かつ継続的なサービス/UX改善で、一気に先行者を抜き去ってしまった。こうした、後発プレーヤーが先行者のふるまいや停滞を見ながら、冷静かつ素早い意思決定と開発で、その先行者がはまっているキャズムを一気に乗り越える事例は、近年多く見られるようになっている。日本では、その最たる事例がLINEだろう。ViberやKakaoTalkなどの圧倒的な先行プレーヤーがいたなか、ほぼ最後発で乗り込んだにもかかわらず圧倒的な開発スピードと矢継ぎ早の市場投入で、あっという間にカテゴリートップに躍り出た。

こうした後発者の逆転には、古くから言われる「ネットワークの経済性」が強く働いたことは事実だが、その最初のトリガーがなんなのか、まだ明らかになっているとは言い切れない。ただ、LINEのスタンプ機能や、このAirbnbの斬新なUIがかすかに示すように、ユーザーを熱狂させるユーザーエクスペリエンス (UX) の「仕掛け」というようなものがこれまで以上に重要な意味を持つようになってきている気がする。

今後の連載での深掘りに大いに期待。有料会員じゃないけど・・・。
Airbnbといわゆる宿はシーンによって使いたいかどうかが変わるものなので、破壊というよりほとんどは「共存・共生」であり、旅館・シティホテル・ビジネスホテル・ペンション・コテージ・民宿 それに「家」というジャンルが加わって、市場自体を伸ばしているものという風に思うのですね。高い家、風変わりな家、安い家まで幅広くあるので単なるコスパが〜とかそういう問題でもない。
本文注釈にもありますが、扱い部屋数比較も、ホテルチェーンと比べるのはまったく意味がなく、Booking.comなどOnline Travel Agentと比較するべきで、OTAは今なお強烈な勢いで伸びて市場成長が続いている。(年3億室の実予約で、およそ10倍ある。創業からは19年vs6年)
ちなみに、楽天トラベルなどは多分年間1,000万室(2,000-3,000万人泊)くらいで、未だに年間成長率は20%、既にAirbnbはその3倍超もあるから圧倒的に「凄すぎる」ことには違いありません。。

そして、私は今もこの先も、粛々とreluxというサービスをがんばるのです。
以上は、たまに書き込む評論家からのレポートでした・・
日本でもかなり違法物件がおおい。この辺をテクノロジーで解決するやり方があるはずだ。
Airbnbの本質はよく言われる「空いた○○の有効活用」ではない。クオリティの高い部屋(写真の撮り方で実現)が既存の宿泊施設よりもリーズナブルに借りられるといういたってシンプルな消費者メリットだ。
日本にいると、その存在感がわからないAirbnb。創業者インタビュー、記者の体験レポート、法律面での問題点など、多角的にそのポテンシャルと課題に迫ります。

それにしても、3人の創業者が爽やかすぎますね。えらくセンスがいいなと思ったら、創業者のふたり(ブライアン・チェスキーとジョー・ゲビア)はロードアイランド・スクールオブデザインで工業デザインを専攻していたんですね。
カウチサーフィンという先行サービスがある中で、お金のかかるairbnbがどこまでシェアを取れるのかという疑念はすぐに払拭された。
カウチサーフィンでは無料であるがゆえに、ホストもゲストもドタキャンするという残念な状況があった。お金が発生するairbnbでは、このドタキャンがほとんどなく、カウチサーフィンのユーザーの間でも、airbnbの方が確実性が高く安心という声を多く聞いた。ゲストは多少お金を払ってでも確実に泊まりたいし、ホストは多少の儲けが出るしゲストのドタキャンはないしで、ユーザーがシフトしていったということ。
Airbnbと既存のホテルビジネスの利用者は、重ならない部分もあるので「破壊」という状況にはならないと思います。

以前、米国・シアトル、オースティン、フィンランド・ヘルシンキ、エストニア・タリンでAirbnbを利用しました。主な理由は、手頃な価格のホテルがなかったということです。たまたまかもしれませんが、いずれの宿泊場所も分かりづらいところにあり、鍵の受け渡しを事前に家主とやり取りしていたものの当日不明で途方に暮れた時もありました。

翻って既存のホテルを考えた時には、場所がどこにあるかといったことは有名なホテルなら不安になることは無用で、小さなホテルだとしても街の人に聞けばすぐ分かるという利便性があります。

「このAirbnbが利用したいから」ということで選択することもあると思います。ただ、本来なら経済的に余裕があればホテルを選択したが、それが難しかったのでAirbnbを利用するという例は結構あると思います。特にイベントなどで集中的にその街のホテルがおさえられてしまっている、もしくは高額になってしまっている場合にはAirbnbが便利で、目的、費用、時期などによってホテルかAirbnbの選択は変わるのではないでしょうか。
高級旅館に特化した宿泊施設予約サイト「relux」を運営されているLocoPartnersの篠塚さんのおっしゃる通り、AirbnbがホテルビジネスをDisruptすることはないと思ってる。
これって、クラウドソーシングと転職ビジネスの関係性に似ている。つまり、仕事の裾野は広がり、多少はマーケットに影響を与えるものの、転職ビジネスを完全にDisruptすることはない、ということ。
NewsPicksでAirbnbだけで旅行・出張してみた的な特集があったら面白いな。本来の目的の取材もできる上に、Airbnbのことも記事にできて一石二鳥。
今年のお正月、ハワイにいったときに利用しました。正月のハワイのホテルというととても手が出ないような価格。でも、Airbnbのお陰で、非常にリーズナブルに行けました。
さらに魅力的だったのは、価格だけでなく、暮らすように旅行できること。数泊滞在するときって、地元のスーパーで買い物して自分でご飯作ること自体が楽しい。
もちろん法的にグレーな部分もあるし、悪用してこれで商売しようとする人がいるという課題をどうクリアしていくのかは大事ですが、提供したい人と利用したい人をつなぐ、そこに確実なニーズがある、しかもサイトは見ているだけで楽しい(忙しくて全然休めない時に、よく眺めて旅行気分を味わってます)など、個人的にはこれまで利用したオンラインサービスの中で、断トツに満足度が高いです。