新着Pick
258Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
現役時代から好きな投手だった清水さん。自分を客観視しつつ、情熱と野心に対して正直に邁進する姿勢から「さすがプロで100勝以上挙げる人は違うな」と感じました。スポーツ選手のセカンドキャリア論、スタートアップ論、英語の苦手な人の多い日本人がいかに世界に出て行くか、というのが裏テーマです。
転身時家族に反対されたとのことだが、転職は、関係者への「説明責任」はあるが、「説得責任」まではない。自分の人生は自分で決める。
野球は世界的にはニッチスポーツなのでセカンドキャリアは大変なんだよね
ちょうど清水選手が活躍してた頃にがっつりロッテファンだった自分にはたまらないインタビュー。新しく自分でキャリアを切り開いていく、素晴らしい。きっと後進にも大きな道標になるはず。
どの分野も開拓者はすがすがしい。開拓者の象徴である野茂さんをフィーチャーした前号のナンバーも興味深かったです。
野球振興をしながらセカンドキャリアとしてのビジネスも創り出す。そんなモデルが本当に実効性ある形になると理想的ですね。
日本の野球界でこれだけ活躍された選手があえて海外で、しかもまだまだ野球はこれからの国に行くっていうのは凄く素敵なこと。
世界に野球を普及させる仕事をセカンドキャリアとして、ビジネスとして成り立たせようとしている姿勢が素晴らしい。現在のニュージーランドの世界ランクは26位。清水さんが行ってから大きく上がっている。ちなみに日本は1位。
http://www.ibaf.org/en/infopage-detail.aspx?id=149f4e9a-9427-4a7b-b8df-18ab77845d33
新しい野球人のキャリア。コーチになるのは、それはそれでなんだけど、コップの中の話というかスケール感が無い。プロ野球選手って引退してから、その名前を活かして社会的なことが多く出来そうだけど、もっと選択肢はあると思う。
先駆者の道はいつも荊であるが、その先にはバラのような素敵な景色がきっと待ってるはずです。
ロッテファンとしては彼の第二の人生をこれからも応援しています。