新着Pick
161Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
先日、豪大学が世界初作成したというニュースがあった(下記)。それに続きGEも。どちらも積層(SLS:Selective Laser Sintering/粉末焼結積層造形法)だと思う。
量産エンジンの部品としては既に3Dプリンティングによって製作された部品が使われているとのこと。航空機エンジンはじめ、世界中で使われて、交換部品が必要な事業に関しては、これは面白いかもしれない。作れれば、世界中で在庫を持つのではなく、世界中にプリンタを置いておけば、必要に応じて作るということが可能になるかも。
https://newspicks.com/news/847828
リンクのGEreportの動画見ると、3Dプリンターで造形後、加工と研磨はしている。今の段階ではas-moldでは難しいのだろう。それでも基と成る成形体を高精度で作れるのは効果大きい感じ。
ジェットエンジンの中でも小型という点がポイントなのだろうな。大型だと鍛造で強度と靭性を上げないとダメでも、小型部品なら後加工と定期交換で品質保証できる目処が立ったのかもしれない。

ちょうど今日、3Dプリンターは一時期盛り上がったけど最近めっきりという話をしていたところ。こういうニッチで高付加価値な所から使われ始め、技術も価格も熟れて普及するのだろうが、普及という規模に至るにはまだ時間が必要そうでもある。

https://www.youtube.com/watch?t=48&v=W6A4-AKICQU
「第五の権力」に書かれていたように、3Dプリンターでジェットエンジンができました(思っていたより随分はやかったですね~)。
次にやるべきことは、農機具や建築用の器具が必要な地域に3Dプリンターと設計図(?)を提供することであります。
世界中の貧困地域を救うための最も手早い手段でありましょう。
最高の保安部品であるエンジンまで3Dプリンターでできてしまうと、既存の金型業界や、製造ラインが一気に不要になってしまう可能性がありますね。耐久性がクリアしたとするとあとはコスト。
量産でなく、一品モノで、機構が難しいものからドンドン置き換わっていく感じでしょうか
相当大きなインパクトになりそうですね
カコイイな

全体的な硬度が担保されているのなら、均一化された強度だし接合点がない分、不良を起こす可能性が低くなる。
理論的には非常に合理的に感じます。
ここまでの品質を担保できるのならば、もはやほぼ品質的に作れない金属部品はないという世界。めちゃくちゃ夢がありますね。

現時点では同じものの大量生産には不向きとは言われていますし、今回もプリントして終わりではなく後行程がありますが、研磨も今後とも機械化の精度が上がっていく領域。

もちろんICや液晶パネルのような部品の製造は無理でも、将来的には「マスカスタマイゼーション」の概念なんて時代遅れになる日も来るのでしょうか。
金型要らないし、経済的でしょうね。。
飛行機は車に較べて生産量も出ないし。
まあ、ラピッドプロトタイピングでデザインが決まったら、次はイメージ反転させて金型をプリントして量産化するというのもアリ。
金型使った既存の製法もあるし、3Dプリンティングだけでも、SLAやらDLPやらSLMやら色々な手法がある。
製造方法がどんどん多様になり、組み合わせ方を考える必要性がより出てきてるってことだと思う。
全部3Dプリンティングになるっていうのは極論ッス。
3Dプリンターのいい点は、CADという三次元データをシミュレーションでも使えるところ。コンピュータ内でエンジンを作って動かし、うまくいけばプリンティングできる。そのため、エンジンの開発と相性がいい。
新しい話ではないが更に実用化に向け前進した模様(^O^)
どこの技術を使ってるのかな?3Dプリンターで金属の粉末をレーザーで焼結する技術はドイツ勢の技術や特許がひしめいています。自社導入してニッチ製品製造に使うのかな?