新着Pick
152Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
すげえなあ。そこまでやるのか!
「中国は日本サッカーをリスペクトしている」。これはJリーグの方を取材すると、すごく感じること。逆に日本は学ぶ姿勢を失うと、あっという間に追い抜かれる。トムさんの貴重な提言。
中国サッカー協会に田嶋さんの写真が掲げられているという事実。スポーツの価値を再確認できるエピソードですね。
巨額の投資を続ける広州恒大が象徴的なように、中国サッカーは相当な勢いで進化している。インド・スーパーリーグも多くの観客を集めているし、東南アジアも経済成長とともに強くなっている。日本にいると外国のニュースにあまりふれないから他国の状況が認知されていないけど、相当の危機感を持ったほうがいい。一連のインタビューは非常に興味深いものでした。
中国でビジネスをする時に、「誰と組むか」はとても重要だと聞いたことがある。「誰」が分からないのでなかなか中国に入っていけていないところもあると思う。
トムさんが言うように、昨年、習近平国家主席が、「2025年までに、スポーツ産業を80兆円産業にする」と宣言してから、世界中からの「人・物・金・情報」が、急速に中国スポーツ(サッカー)界に、流れ込んでいます。これは、日本サッカーのピンチではなく、むしろ一大チャンスだと思います。ここら辺は、私も自分の連載で、今後触れて行こうと思います。
東アジア全体で盛り上がりたいところ。広州恒大は今やアジアトップのクラブだし、その力も持続してる。
日本のサッカー界も中国の政府相手のビジネスだと考えればかなりチャンスかもしれませんね。