新着Pick

1世帯の貯蓄、過去最高1798万円14年、株高効果

朝日新聞デジタル
総務省が19日に発表した2014年の1世帯あたりの家庭の貯蓄額は、13年より59万円多い1798万円で過去最高となった。デフレ下で高まった貯蓄重視の傾向に加え、安倍政権の経済政策「アベノミクス」によ…
21Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
家庭の年収が00年と比べるて107万円も減っているのに貯蓄が最高というのは、現役世代が苦しくなって高齢世代が潤っているということなのでしょう。
まさに、r>g ですね~。
平均貯蓄額が1798万円で過去最高。年収は614万円と2000年に比べ107万円減っているのに、貯蓄は17万円増えている。これでは景気回復への道はまだまだ険しそう。
日銀の資金循環統計を見ても、昨年末の家計の金融資産は1690兆円を超えており、これと整合的な結果です。消費性向が下がったのは、消費増税に伴う節約の影響も出ていると思います。