新着Pick
932Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
考えるとは何か。自分が好きなのは「モンテッソーリの幼児教育 ママ、ひとりでするのを手伝ってね」という幼児教育の本で、人間の「知性」がどのように発展するのかを書いている一節。「分ける」という行為がすべての根本と言っていて、社内でのロジカルシンキング研修の際には必ず引用します。
(以下抜粋)
知性の働きを一言でいうなら、それは『区別する』ことだ」といいます。人間は、混沌とした状態を整理していく際、「区別する」ことから始めます。まず、大きく二つに「分ける」ことが知性の働きの始まりです。次に、分けたものから、同じものを「集める」のです。さらに、同種類のものを集めたら、集めたもの同士を「比べる」ようになります。あるいは、分けたものや同種類に集めたものなどを「合わせる」こともします。こうして、「分ける」という最初の行為は、「集める」「比べる」「合わせる」などの働きに発展していきます。
アドリブが利く人は、引き出し増やして、考えて、キャッチーな言葉にパッケージ化したネタ帳を持っているんじゃないか、、、と思ってしまうことがある(どちらにしろ尊敬)。
このイラストはメガネをかけたコアラでしょうか?
いつもボーッとしている印象を受けるコアラにメガネという不釣り合いなものを組み合わせた意図は?
メガネとキラリンから受けるきついイメージを中和させるためだろうか。
なんて風に考えればいいのでしょうか?

それにつけても「アドリブ力がある人」が羨ましいです。
素晴らしい表現力に驚くいばかりの今日この頃であります。
即興で、こじゃれた返答ができる人は、確かに頭がいいように見えるし、評価されやすい。

たとえば、上司が振ってきた話題に即答できなかったけれど、自分の席に帰ってから、じっくりと考えて、自分なりの考えに行きついて、翌日にそれを表現するような人は、評価されにくいんだけど、それはそれでいいんじゃないかと思うんだけど。

人にはそれぞれの考えるスピードがあるし、結論にたどりつくスピードがある。普段から思考をトレーニングするのは大事だと思うけど、頭の回転の速さとかアドリブみたいな、そういう即興性によってしか思考力を発揮できないわけではないと思う。
私は小学校のころからアドリブがきく方でした。
が、就職して出会った沢山の頭の回転が速い人には到底かなわなかった。

私が実践している方法はちょっと違って、「答えがある問題で、考えることで答えに近づく」ことです。

たとえばネット銀行の支店名は、なぜは花や果物の名前なのだろうかという問。
調べたり誰かに聞けば答えは分かるけど、自分の思考力だけで導く。

なぜ地名じゃないのだろう?
⇒ネットなんだから地名の概念はないから無理

なぜ花なんだろう?
⇒花じゃないと何が困るのか?花だとどういうメリットがあるのか?

みたいなことを考えていると仮説力もつくし、わからないことを聞かれても瞬時に答えにたどり着くことができるようになる。
思考力向上もある程度はトレーニングでできると思います。NPは腕立て腹筋というよりは素振りくらいの効果はあると思います。
ほんとは得意なモノだけPickしたほうが効率いいんだろうけど、あえて自身のトレーニングのために様々な記事にお邪魔させていただいております。
これは完全に後天的だと感じています。私自身、中高時代は超口下手で、テレビの生放送でコメントする姿に同級生驚いています。まずはアドリブ力がある人を見つけて、まねるところから。
ニュースを速読し、自分なりの考えを1分以内に考える。ピッカーの皆さんのお話を熟読した後、3分以内で自分の意見投稿をする。続けていれば、良いトレーニングになると思います。
どこかの本で、頭がいいというのは「抽象論と具体論を両方とも的確に捉え、さらに思考を展開しながらその間を高速で行き来できる人」と書いてあったけど、ほんとうにその通りだと思う。
あのーとか、えーととか。ボキャブラリーが乏しくコメントが出てきません。どうしたら良いでしょうか?