新着Pick
219Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
軽々しく「人生の無駄使い」などという言葉を使って欲しくない!
私が司法試験受験生だったころ、10年20年かけてチャレンジしていた人たちがたくさんいました。
傍から見れば滑稽かもしれませんが、彼ら、彼女らのひたむきさを目の辺りにすれば軽々に「人生無駄使い」とは口が裂けても言えません。
いったい誰に迷惑をかけたというのでしょう?
生き方は人それぞれです。
「人生の無駄使い」というのは詭弁で、「社会のため、国家のため」に若い労働力を無駄にするなという全体主義的な考えが看取できます。
生き方の自由にまで国家が介入した結果が、ロースクールの惨状です。

追記)言いたいことは大学に入りやすくすることだという趣旨でしょう。
小学校の時からの達成度テストで将来を絞り込むという方策ですよね。
ただ、大臣たるものの発言は、結論以外の「表現」も問題視されるものではないでしょうか?
ふとした言葉に本音が出る、というやつです。
文部科学大臣の発言ですか!?
5浪して入学しても「価値がある」と判断したならいいじゃないですか。仮に回り道でも、それが選択。

正直、暗記が苦手な友人も司法書士にどうしてもなりたくて、専門学校プラス独学で資格が取れたのは28歳でしたが、本人は幸せそう。

芸大の入試の現状は分かりませんし、改善しなければならない部分はあるかもしれません。
しかし、大臣、文部科学大臣は国の教育のトップ。言葉は選びましょう。
追記>最近NPで、「言葉尻」を捉えるコメントが増えてきた気がする。しかもそのコメントがLIKE数トップなのは、ちょっと残念な傾向です。言葉尻でなくて、本質的な議論をしたいですね。

念の為補足しておくと、5浪している個人の人生が無駄遣いになっていると言っているのではないです。文科大臣が芸大の学長に、今の制度が人生の無駄遣いを増長しているので、大学入試改の制度改革に合意する様に促した際の発言です。動画を視て頂けると理解できると思います。

オリジナルコメント>
G1サミットの「大学入試改革と中等教育」 セッションの予告編です。1分強です。
発言は、日本の入試制度に問題があることが主旨であり、その例として、才能を磨くこととは無関係と思える東京芸大入試のための5年、10年の浪人期間の存在に言及されている。真意はともかく、発言は浪人をすること自体が無駄だという意味ではない。低俗な週刊誌でもあるまいし、刺激的なリードで読者を釣るのは止めてください。
無駄だと思うよ。正論
1分38秒の動画。ぜひ実際に視ていただきたい。5浪、10浪が当たり前というような入試システムに大きな問題があり、それを改革したいとおっしゃっています。この発言が文科大臣から出てきたことに大きな意味があるし、希望が持てます。
国会議員5回落選するよりはマシかと。(¯―¯٥)
思うことは自由だし理屈もたつかもしれませんが、発言するのは失礼でしょう。親だとか恋人ぐらいでしょう。許されるのは
堀さんが言うように言葉尻で捉えても仕方ない。
しかし、動画はNPには相性が悪い。
みなさん忙しいので文字情報を読むスピードではなく動画はコントロールでき無いから。
伝わりずライトは思いますが、G1サミットで生で聞いていた身としては、個人にはフォーカスあててなく、結構まともな議論として聞けました。もっと多様なキャリアはあっていいと思うし、芸大に入らなくても諦めろというわけではない多様なキャリアが認められてないことに問題があると。