新着Pick
234Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
モーレツ社員は別に悪くありません。しかし日本人サラリーマン全員がモーレツ社員でなければならない、という考えは誤りです。
人気 Picker
「働き方」に対して様々な価値観があり、それを尊重することは素晴らしいことです。
日本の職場で問題なのは、多様性への不寛容でありましょう。
「働きすぎる人」と「働かない人」の同居を認めない空気に充ち満ちています。
間違いなく「働かない人」が追い出される羽目になりますよね。
出世と高収入を目指して「働きすぎる人」の近くに、出世も高収入も目指さない「働かない人」がいるのが本来の多様性でしょう。
この欧州的価値観・・・日本では根付かないのでしょうね~。
日本が働きすぎで、フィリピンが働かないと一概に言えるかは分かりませんが、それでも、「期限を守る」「約束したことを守る」「人の話を嘘ではないかと疑わなくてよい」という環境で働けることは、世界的に見れば恵まれた環境で働いているということかもしれません。
何人でも個々人による。日本人は勤勉とか、そういう大雑把な話からそろそろ脱皮した方がよいかと。国民性で云々とかも人による。国民性とか地域性とかいうバイアスを持つと、外国人とは上手くつき合えないな。日本人同士でも。フィリピンの金融関係者なんか相当働いてるし、この記事に出てくる人々とかと相当考え方が違う。どっちが良い悪い出なく、多少の体験で全体がこうだと語ることの問題点。多様性があるということがこの記事のメッセージなんだろうけど。
働きすぎてるとしても一人当たりのGDPは世界27位。生産性は低いんだよ
アメリカに駐在している2人が口を揃えて日本よりアメリカのほうが働いてるといいます
ただし徹夜はアメリカ人は絶対しない風潮があるようです
まあ、隣の芝生は青く見えるんでしょうね、最後は結果が全て(^O^)
国別に限らず仕事に対する価値観は人それぞれで、その多様性は良いことだと思いますね。
最も大事なのはお互いの価値観を受容し合える環境を遍くつくり出せるかどうかでしょう。
【社会】日本が「豊か」に見えるのは、かなり無理をしている結果なのだということをもう少し理解した方が良いと思う。「サービス」という名のもとに色々な物事が実は犠牲にされている。
さすがにフィリピンの田舎町の役場がフィリピン人一般の働き方というは違う気がする。うちのスタッフでも昼間フルタイムで働いて、夜は講師して、弟妹の学費稼いでる人もいるので、平均でみるとそうかもですが、その人次第かと。

あ、もちろん講師するのは強制してないです
日本と同様ないしはそれ以上に厳格な勤労倫理を持ち、実践している国や地域はいくらもあります。日本の「働き過ぎ」を問題視する見解は、倫理上の観点ではなく、経済政策や政治上の観点からです。筆者の着眼点や問題意識は貴重ですが、もう少し複眼的・多面的視点をもたれた方がよいようです。
身を粉にして働くことに充足感を覚えたり、ハードに働かないことがストレスになる場合は、危険サインだと私は思います。
その背後に、「働かないと自分には価値がない」とか、「人一倍働かないと負けてしまう」とか、そんな強迫観念が隠れていないか、自分に聞いてみる。もしあるならば、何故自分がそう考えるようになったか、探ってみるといい。
新着記事一覧
「働き方」に正解はない。自分に合うワークスタイルを見つける旅に出よう——at will work 代表 藤本あゆみ
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
4Picks
子育てママも必見「4000万貯める方法」をFP川口幸子が伝授
リセマム
2Picks
【関西企業特集 Vo.1】創業以来ずっとモバイルゲームでオリジナルタイトルを手がける…大阪に拠点を構えるRazestにインタビュー
Social Game Info
2Picks
人生の役に立つ言葉:解決策が見つかるまで、歩いて歩いて歩くのだ
ライフハッカー[日本版]
7Picks
福田財務次官の辞任決定
共同通信
2Picks
【interview】仮装通貨がより身近に! ブロックチェーンを活用した友人間の″日常負債″を帳消しにする「Lndr」に注目
マッシュメディア
4Picks
デキる人に断られても嫌な気がしないワケ - あやふやなイエスより、明確なノー
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
9Picks
なぜあの人はいつもトラブルを起こすのか - こんなに頑張っているのに……
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
10Picks
年金受給額を「42%増やす」確実な方法 - 人生100年時代は「繰り下げ」が得
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
5Picks
臨床心理士が勧める「新人のやる気を引き出す」言葉、ポイントは“内発的動機付け” - AbemaTIMES
BLOGOS - 最新記事
2Picks