新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

310Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
長い記事になり忙しい読者の方には申し訳ないですが、自動運転は今はアイデアを発散させていても良いフェーズだと思います。ただ、そろそろ私の記事ような概論から戦略を伴った細部を詰めていかないとダメかなと。インフラを何にするかというのは非常に重要。長くなったのであえて書きませんでしたが、日本の通信規格・インフラの選択により日本の携帯電話メーカーがホームカントリーバイアスにより、壊滅的状況になったのはそれほど前の話ではないでしょう。一方韓国は、きっちりとサムスンをのし上げた…というファクト。正直、FCV vs BEVというようなハードウエアだけの議論は非常にマイクロすぎて危険です。インフラを含めて都市のエネルギー効率を最大化するためにどのようなシステムが大事かを議論できると日本も世界で勝てるかなと。
テスラはスマホにおける、アップルプラスサムスンの地位を狙ってると思うんだよね。高級EVとバッテリーマネージメントシステム
 長いですね。様々なポイントが解説されているので、私はひとつだけコメントを。

 燃料電池車はどうか、という質問に対しての私の意見は、バッテリー技術に革新的な前進が見られれば、必ずしも必要ではないという意見です。
 ハイブリッドの拡張版のようなもので、電気をどう保持するかという部分に関する技術なので、バッテリーが十分に性能が向上すれば、わざわざ複雑な機構を内部に保持するメリットがなくなるためです。
 最終的には非常にシンプルな構成に落ち着くのだと思うのですが、それに至るまでの道でどういう技術を経由するのかという話だと思うのです。

 蛇足ですが、「そうした流浪(エグザイル)自動運転車が集まる、ベースキャンプのような公共施設が整備されるかもしれない。」という部分で、エグザイルみたいな人たちが集結して踊り狂う公共の場を想像してしまい、吹き出しそうになりました(笑)
自動運転や次世代自動車は論点が多くある。この記事はそれが多く触れられているし、更に他にも多くある。それだけ複雑だし、単純化されていない議論が重要で、こういった長文レポートは個人的にはとても価値を感じる。資金が重要といった部分や、液晶・プラズマ戦争を振り返ることはとても価値がある。
是非、併せて下記記事、なぜNokiaとEricssonはケータイで負けたのか、も見てほしい。まず規格を立ち上げたのは当時資金も技術もあったNokiaとEricssonだが、それが分業化されていった。その観点で、分業化にあたって重要だったのは部品メーカー。次世代自動車であっても、自動車は動くので摺合せは必要だが、制御などは電気化されれば今より点数減る。そこを簡単にする部分を現在の電装・機械系メーカーは狙っていて、日本電産がECU企業を買収しているのもそういう背景。
日本企業はダメか?摺合せというのは他社との協業なので、どこまでそれを拘るかによると思う。規模を活かしてインフラや保険など金融と販売を抑える、部品メーカーをコントロールできるくらいのApple的な規模を抑えたり、Samsungと同じように最終製品と部品外販のハイブリッドモデルを構築する。その一環で完成車メーカーと大手電機企業の合併が「遅れる前」に出てきたら、それはポジティブな驚き。
あと、インフラ面でいうと、タイムズには注目している。タイムズは、駐車場で稼いでいる部分をカーシェアやレンタカーに入れて、インフラを着々と構築している。そのインフラは次世代自動車でも活用できるし、キャッシュカウがありながら攻めていく企業は強い。オリックスとかも面白いと思う。
https://newspicks.com/news/954322
簡単に言えば、
1.電気自動車はエレクトロニクスの「アナログからデジタル」への変化と同じ。水平分業が進み、デバイスで高シェアを取るか(パナソニック?ソニー?)、アセンブリーで高シェアを取るか(ホンハイ?)、あるいはサービスレイヤーで効率よく稼ぐか(アップル?グーグル?)。
2.電気自動車の充電インフラは家庭が担う。これはモータリゼーションとは少し違くベクトルの話。ただし電力消費も増えるだろうから蓄電技術から原発も含めたマス発電までインフラ構想が不可欠。
3.自動運転や自動車遊牧生活はまた別のベクトル。1や2とは違う時間軸で動く。

(少し訂正しています)
泉田アナリストによる、「自動車の未来」を考える上で必読のレポート。「製造業最終戦争」の行方を占うための重要ポイントが、網羅されています。1.3万字超と異例の長さですが、この重量感を味わってもらうため、あえて分割せずに掲載しました。10分あれば読めるかと思いますので、ぜひ時間のあるときにご一読を!
自動運転が自動車を個人所有から共有に促すとなると、将来のエネルギー像として頻繁に描かれる、家庭用分散電源としてのEV/FCVは存在しなくなる。
FCは車載だと電力源としてしか使えないのでエネルギー効率は40%程度だが、熱も使える定置型だと90%まで高まるので、住宅や集合施設向け分散電源としての価値は高い。車載ではなく分散電源としてFCを見た時、エネルギー政策がどうなるか、その中でEVやFCVの立ち位置はどうなるか、を考えるのが重要。
あと、電気は移動させやすく、熱は貯めやすい。これがエネルギーの原則。だから電気は移動させる送電が中心で、貯める蓄電は補助的。今注目される技術は蓄電だが、更に先の将来を見ると原則に立ち戻って、送電と絡めた非接触給電網の整備に行く気もする。実現するとしても超長期だけど。
しかし、濃くて長い記事。たまにはこういうのも悪くない。
"最終決戦の勝者になるには、多くのユーザーに受け入れられるハードウェアを提供する力と、インフラを活用できる力と、長期で運用できる資金調達力をもつプレーヤーでなければならない"という点については「そうとも限らないのでは?」と思ってる。
"この決戦の行方を占うのに、最高の題材となるのは、携帯電話、特にスマートフォン業界である"と言うならば「自動車版Foxconn」のようなEMSが誕生する可能性がある。なぜなら、電気自動車の本質は「パーツのモジュール化による製造コスト低減」だから。
EMSが誕生し、安価での生産体制が整えば、スマホのように「モータリゼーションベンチャー」が雨後の筍のように出てくる可能性がある。そうなったらますます面白くなるなー。こんな面白い時代に生まれたおらは幸せだ。
この記事読むだけのために課金する価値のあるかなり読み応えのある良記事。やはりいかにインフラ整備が必要かというところだと思う。プレーヤーの多いでEVの方が有利だと思う。
3回くらいに分かれていてもいいくらいのボリューム。液晶vsプラズマと電気自動車vs燃料電池車の構図比較が印象的。
これを読むと、給電ステーションをどう整備するかが今後の肝というように読めた。日本だと、トヨタとセブンイレブンが提携、みたいな形でコンビニと展開していくとかが予想される。郵便局もあるか。
研究者としては、走行中の自動給電と、そのための簡便なインフラ開発あたりは、かなり先が明るそうに感じた。
この連載について
今、自動運転やカーシェア、車のソフトウェア化などにより、自動車業界に破壊的イノベーションが迫っている。この「モータリゼーション2.0」がもたらす大変化は、“自動車”という枠組みにとどまらない。そんなモータリゼーション2.0を日本はリードできるのか。未来の自動車産業と都市のカタチを分析する。