新着Pick
121Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
帝国大学時代は官吏の養成学校的な色合いが強かったわけだし、今でも日本で最も保守的な人達が集まる大学なのだから、当然の結果でしょうね。
有名大学に進学することの利点は進路の幅が広がるものだと思っていましたが、入ってみたらどうもそうでもなかったというのが僕の印象です。ある種の同調圧力があって、偏差値競争とのアナロジーで進路を選びがちなため、周囲と外れた進路選択をなかなかしづらくなるものです。例えば法学部で最初から「ミンカン」志望というのはちょっとした珍獣感はあります。
それが悪いとも思いませんし、結局は自分次第ですが、人というのはなんとなく周囲に流されがちな生き物なのだなと感じた次第です。
東大卒で大企業に行けば大過ないのに敢えて会社の目利き力が問われるベンチャーに行く、その挑戦心と自立心、先見性が粋なんですよね。アブラハムでも東大卒、東大院卒を採用しました。

35年前、邦銀チャンピオンの時代、あえて外資金融に行く東大新卒は皆無で、その時期に業界に入ったのが、マネックスの松本さん世代であり、大成功できた。これはかっこいい。

15年前、ITバブル崩壊でネット起業家は詐欺師と呼ばれて、ITベンチャーに行く東大卒が皆無のころ、敢えて創業ベンチャーの株を持って働いた人はいま40歳前後で、大企業の生涯賃金の数億円くらい手元に持つ人はザラにいる。それをもと元手に社会貢献とか好きなことしてる。これもかっこいい。

つまり、どっちの例も、敢えてゼロから社会にインパクトを与える何かを創り上げたことに対して、世間の評価と金銭的評価で報われてるわけです。

この記事によれば東大卒の10%もベンチャーに行くと。そんなに多いとはびっくり。せいぜい1%くらいと思っていたから時代を感じます。

高感度な1割の東大卒こそ、普通の人にはまだ見えていない未来が見えている先進ベンチャーに入って、次世代の社会に役立つ仕事を創って欲しいです。

(参考)
東大卒起業家たちのイマ:高岡壮一郎「アブラハム・グループ・ホールディングス」代表取締役社長

東大卒は、社会的課題を解く仕事をしてほしい
http://www.utnp.org/obog/takaoka20150216.html
頭いいのに頭悪いんだよね
上位3位を銀行が占めるとは・・・30年以上前と変わっていませんね。
銀行の名前は、ぜ~んぶ変わりましたが(^^;)
外資系、ベンチャーを周りから人気だから受けるという人は、いずれにしろどちらの業界でも成功できないからあまり影響はないでしょう。
我が社の名前が載ってると思わなかった。最高峰の大学だから、就職先もサイズやジャンル色んなところに就職して、多様な価値観をリードくれると、もっと面白い日本になるのに。ま、就職したら、所詮大学は関係ないけどな。
東大院卒の就職先上位はメーカーが多いなか、DeNAが入っていることに注目。積極採用しているんでしょうね。
意外な就職先もあるので、大半は大手に流れているものの亜流な方々の存在が気になる。
米国の産業構造は常に新しい企業の台頭が著しい特徴があるのに対し、日本は伝統的大企業が時代に応じて稼ぎ頭をシフトしながら長年幅を利かせている理由がわかる気がします。
メガベンチャーよりも小規模なベンチャーというのは時代の流れでしょうか。起業するという人がどれくらいいるのか知りたい。
大手も以前に比べ、チャレンジングな環境を用意しているところはあり、ベンチャーだからというものでもなくなってきている。大手の枠組みだからこそ面白いという考え方もある。個人的には冷静に企業をみている学生さんが増えた印象。
この連載について
世界を見渡してみると、「新卒一括採用」を行っているのは日本のみだ。このグローバル化の時代、既存の「就活」は曲がり角を迎えている。本特集では「新卒一括採用」に一家言ある論客が今後のシューカツの行方に付いて占う。