新着Pick
169Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
渋沢栄一が第一国立銀行の初代頭取に就任したのは30代前半の頃。ビジネスの世界において若い人間は経験不足だから管理職は任せられないという考えは幻想だと思います。
年齢だけではなく、考え方が若いことに驚くことがあります。
以前中国の国営企業と合弁会社設立の交渉していた時、当該企業の強みに関する議論になりました。すると、50代くらいの経営陣から、「我々の強みは、今は●●だが、将来は別のものになっているかもしれない。強みは変えられるんだ。」という発言があり、感銘を受けた記憶があります。日本の大企業のスタッフからは、たとえ若手であったとしても、そういった発言を聞いたことは少なかったからです。
北畠さんのおっしゃる「中国の若さ」を感じましたし、一方で、日本の大手企業は、スタッフの年齢とは関係なしに「壮年期」に入っていることを実感した瞬間でした。
若返り戦略いいね
若返りにさえさを感じる。
【スズキ会長「私が辞めるわけにもいかない」85歳の鈴木修会長が後継問題に言及】
http://toyokeizai.net/articles/-/69336
アリババの管理職の過半が1980年代生まれ、、、1979年生まれの身としては年齢を感じざるを得ません。
後継者問題というのは必ず生まれるもので、SoftBankのアローラ氏の後継者指名が話題なっていますが、やはり若者の任命という点では、一般論として現代に通じているのは若い世代、ただ、逆説的には、若くても、年寄りでも、年齢は経営とは関係無いということも言えると思います。
ジャック・マーは本当に世界でも最も尊敬される経営者の一人。間違っても出身国のバイアスに縛られてはいけない。きっと中国以外に生まれても、すさまじい会社を作った人だと思います。

時価総額は世界22位。評価されるにはそれなりの理由があるということ。まだまだ海外売上比率が低く、グローバルでの存在感がないが、近いうちにネット四天王が五天王になるんでしょうね。
役割が人を予想以上に育てるというのは往々にしてありますね。
若い世代を信頼して任せる、その「信頼力」がすごい。
1960年代前半の生まれの97%に属する身としては、営業に見合った発注をドンドン若者の経営者様から頂きたい。
全般的な若さの可能性に加えて、変化のより激しいIT業界における若さのアドバンテージもある。
阿里巴巴集団(アリババしゅうだん、日本語: アリババ・グループ・ホールディング、英語: Alibaba Group Holding Limited)は、中華人民共和国の情報技術 (IT)などを行う会社であり、持ち株会社。本社は浙江省杭州市。 ウィキペディア
時価総額
53.0 兆円

業績