新着Pick
193Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
20億ユーロと前回報道があったが、今回では30億ドル(1.125ドル/ユーロなので、前回より33.3%評価額上昇)。地図は、O2Oとかでもクリティカルアイテムなので、20億ユーロは安いと思っていたので、値上がりは想定内。買収競争になっている部分もあるし、もっと上がっていくのでは?
https://newspicks.com/news/933993
地図の会社の価値はうなぎのぼり
次々と候補企業が上がってきますね。

ドイツ勢自動車3社(BMW、アウディ、ダイムラーのメルセデス・ベンツ部門)と百度(バイドゥ)を主にした連合も、名乗りを上げているとのこと。
https://newspicks.com/news/952037

有用な地図データを持つ数少ないサービス。
様々な活用の仕方があるが、既存の自動車メーカーvs UBER含むテックカンパニーの主導権争いの趨勢も決めるところ。
日本の自動車会社も参入してほしいですが、ないかな。

しかし、改めてこの領域で絶対的な地位を築いているGoogleの先見の明はすごい。
UBERは今はGoogleのmap情報に依存しているので、そこからの脱却、さらに自動運転技術への活用を狙っているんでしょうね。
今の所は下記見たいな状況かな。
自動車メーカーは将来自動運転を進める上で、高精度の地図情報が必須だと思うので、おもしろいと思うけどどうなんだろうな。

【興味を示した】
BMWとフォルクスワーゲンのアウディ部門、ダイムラーを含む独自動車メーカー、中国の検索エンジン大手の百度(バイドゥ)、ウーバー(New!)

【ノキアからアプローチ】
米アップル、中国のアリババ・グループ・ホールディング、米アマゾン・ドット・コム

【観測が流れサービス連携が始まった】
Facebook
UberがNokiaのHere maps買収に動く。Google mapに頼らない運営を目指してのことだろう。
GoogleとUberの仲は以前まではGoogle VenturesがUberに出資するなど、良好だっただが、今年1月に、Googleが自動運転車での配車サービス並びに、Google Nowに表示されるカードにUberのライバルのLyftが表示されるようになってからは険悪な感じ。Uber初めての買い物も位置情報サービスのdecarta。
ウーバーが買収提案。今月末までにはどこが買うのか決まるとのこと。
前回の報道でのコメント
https://newspicks.com/news/933993/?dl=false
Google vs. Uberの過熱?うーん、本当に必要なのか分からない。スマホのAPIで叩ける地図に何が足りないのかな
Nokiaの地図は人気ですね-!
これからは位置情報サービスは主戦場のひとつ。
地図、位置情報サービスはスクラッチ開発の方が、事業買収金額より遙かに良いと感じます。30億ドル投資するくらいなら、位置情報サービスを開発しているデベロッパーなら直ぐに同品質の仕組みを開発できるのにもったいない。。
ヘルシンキには、デマンドバスの配車アプリもあり、進んでいます
ノキア(英語: Nokia Corporation、フィンランド語: Nokia Oyj)は、フィンランド・エスポーに本社を置く、通信インフラ施設・無線技術を中心とする開発ベンダー。現CEOは、Rajeev Suri。 ウィキペディア

業績

Uber(ウーバー)は、アメリカ合衆国の企業であるウーバー・テクノロジーズが運営する、自動車配車ウェブサイトおよび配車アプリである。現在は世界70カ国・地域の450都市以上で展開している。 ウィキペディア
時価総額
5.90 兆円

業績

時価総額
5,164 億円

業績

NOK株式会社(エヌオーケー、NOK Corporation)は東京都港区に本社を置く自動車部品、電子部品等を製造・販売する総合部品メーカー。 ウィキペディア
時価総額
2,947 億円

業績