新着Pick
136Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
投資ファンドを媒介とする事業再構築は良いことです。しかし投資の条件が金融緩和政策のせいで甘くなっている恐れもあります。量が増えれば良いわけではありません。
人気 Picker
現場の実感として、案件が多くて人手が足りない状態だ。PEファンドへの公的年金の資金導入が進み、投資家がこの分野に目を向けるようになれば欧米並みの規模のPEファンドが育つだろう。

もう一つ、官製ファンドや、銀行系ファンドなど、資本市場の規律がない、利益相反含みの日本独特の似非ファンドを至急禁止しないと民間のPEファンドは淘汰されてしまう。
投資ファンドが、みんなの信頼感を得て、日本経済になくてはならない存在になって欲しい。
記事に言及されている通りベンチャー投資が一つの牽引役だとするとこれまでにない流れですね。今後はアメリカのようにPEファンドによるベンチャー出資も増えそう。ベンチャーとしてもIPOを急ぐよりPEファンドに株を持ってもらう事で未上場期間を長くし、より中期的に事業の基盤を作る選択肢が増えるのは良い事。
上場株と違って、未公開株ファンドは投資をしたくても経営者が首を縦に振らないと投資できない。10年前のファンドブームの実績が今やっと見えるようになり、オーナー経営者の間での評判が高いPEファンドが知られるようになり、取引が活発化している状況。
こうして日本企業体制が'伝統'(「今までこれでやってこれたんだから!」という固定概念)から対応力・経営重視に変わっていくのは望ましいこと。そうすると雇用、人材の質、にも変化が現れる、というのは歴史が示している。
事業の買い取り、ベンチャーへの投資、いずれも喜ばしいことだと思います。
買われる、ということは魅力があるからですよね(*^_^*)
ベンチャーやバイアウトが活況だ。良い流れだ。→「海外や国内の投資ファンドが日本企業を対象に行った買収や出資の件数は375件に上りました。これは前の年度より103件増加しこれまでで最も多くなりました」
日本でも、ファンドの存在が、企業再生から、選択と集中の実現手段の支援になってきましたね。
まだまだ、買収されるという言葉の響きに敗北、失敗という意味があるが、戦略的に、積極的に事業ポートフォリオの見直しと捉えて、価値向上に取り組むのも選択肢の一つ。
2014年の投資ファンドによる日本企業買収数が過去最高を記録。件数は375件。前年に比べ103件増。この流れは今年に入っても続いている。レコフによると今年1~3月の投資ファンドによる日本企業のM&A件数は90件。前年同期に比べ2割の増加で、1~3月としては2007年以来、8年ぶりの高い水準。一方、規模は小ぶりで、数十億~数百億円で中堅・中小企業を買収しているとのこと。
業界内の人材の流動性も高まっていますし、東南アジアに進出してくるファンドも増えそう。