新着Pick
116Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
株高を招いたのは連銀自身の金融緩和。それなのに市場に「警告」とは、アリバイ作りのためとはいえ、白々しい限りです。リスクを小さくするには早めに引き締めに転じるしかありませんが、それができるかどうか。
人気 Picker
確かに株価は「少なくとも、安くない」のだが、これは中銀総裁として、勇気ある誠実な発言だ。

さて、日銀の黒田さんは、現状の株価をどう考えており(まだ高過ぎるとは考えていないと思うが)、株価がどの程度まで上がったら、こう言う積もりなのか興味が湧く。ちなみに黒田氏は、就任後最初の決定会合の会見では、株価が安すぎるという趣旨の質疑回答をしている(「リスクプレミアムにまだまだ縮小の余地がある」と述べた)。
秋以降の利上げへの地ならし開始でしょう。かつての日銀がそう考えたように、自分たちがコントロールできる短期金利を多少でもあげておかないとFRBはいらん、ということになってしまいます。早めに利上げすればスティープ化するとは必ずしも言えないのでは。
バブルではないが、バリュエーションは高まっている。下記①見ると、過去のバリュエーションの中ではレンジ上限に近付きつつある(過去より金利が下がっているので、リスクプレミアムという観点では補正して見るべき)。その中で②に予想EPSの推移があるが、EPSが伸びていない。伸びている中ではそこの成長期待で高めのバリュエーションも正当化されるが、その伸びの勢いを失っているのはポイント。③に先日のバフェットの「米国買う、金利戻れば割高」というコメントがあるが、これら合計すると、妥当な結論に見える。
なお、グリーンスパンも「根拠なき熱狂」という言葉で株式市場に対して発言をしている。金融システムが繋がっているので、無視するわけにはいかないだろう。
https://newspicks.com/news/932575
https://newspicks.com/news/951812
https://newspicks.com/news/949469
さすがイエレン議長。良くも悪くも「失うものはなにもないわ」的な歯に衣着せぬ物言いが個人的には好き。

FRB議長が株価の下落に直接影響することが明らかなこうした発言をすることは極めて異例のことだと思う。

短期的に見ればこの発言はマイナスでしょうが、長期的に見れば、ドットコムバブルの再来を防ぎうる素晴らしい警鐘。
イエレン議長が、現状の株価、長期金利に言及し話題になっている。
株価に対しては‘Quite High’と表現し、FRBによる利上げが長期金利が急上昇するおそれがあるとのこと。
この発言を受けて株価と米国債券相場は下落している。
GW中、アメリカ株価に一喜一憂してたが、日本市場もうすぐ開場です。