新着Pick
293Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
糸井事務所のCFOでございます。ピッカーのみなさまのコメント、興味と共感をもって拝読してます。
もっと詳しく知りたい方は4月13日に発売された週刊東洋経済をご覧ください。糸井重里のロングインタビューが掲載されています。
上場にまつわる私の考えは、昨年ケイクスのインタビューでお話ししました。よろしければご覧ください。
https://cakes.mu/posts/6711
僕は今、公益資本主義とかPublic Interest Capitalism、社会企業に特化した新しい証券取引所の設立に向けて動いてます。アメリカだとアンドリーセンの奥さんがソーシャルベンチャーに特化したVCを運営してたり、公益性を事業に求める投資マネーがどんどん集まってきてるのは事実。そんな中、日本の既存の資本主義市場でほぼ日など上がってほしいとはあまり思ってなく、そのような企業専用のマーケットをまずは創りたい。先月上場したEtsyなんかもb-corpと呼ばれる社会企業で、ハンドメイドECでどこまで資本市場でミッションドリブンでやっていけるのか注目。見知らぬ外部から株主がついてくる中、今の日本の東証で残念ながら上場して柔らかいIPOができるとはあまり思わない。早く新しい投資マネーを活かせる市場をつくりたいっすね!
法制度の範囲で色々試すのは良いと思う。でも自己資本は負債と違って、返済義務がないリスク資金。それを調達することに伴う責任を放棄することは許されないし、そこに真摯に向かい合うことが必要。また、たとえそういった株主を欲していたとしても、そうでない株主に買われる可能性含めての上場であって、同社がデメリットと考えるであろう事態に向かい合うハラククリはできているのだろうか?
会社を残すことは、非上場でもYKKなど多くのすばらしい企業がある。また、上場しないで出資を募る方法はいくらでもある。目的に対して手段があっていないと思う。
「応援してくれる人」に株を持って貰って、会社を長く(平和に)続けるためには、上場しない方がずっといいのではないか。当面のお金がいるのでなければ、今やIPO自体がツマラナイのにね。
「柔らかいIPO」という表現は、いかにも糸井さんらしくて良いけど、具体的にふつうのIPOとは何が違うんだろう、と考えること自体ヤボなのかしら。
カヤックといい、上場して欲しくない企業のIPOが続くなぁ。
高齢の創業者が相続税対策に上場する例は地方では多々あります。東洋経済の特集を読みましたが、糸井事務所にとって逆効果の記事だったかと。

手帳などの糸井ファン向けグッズ通販は伸びてますが、「上場して儲けたいが、その責任は取りたくない」では、やわらかすぎて株主軽視の姿勢に取られかねません。

逆にあそこまで公に言い放つ会社を上場承認したら東証に疑問がつくレベル。東洋経済はそれが分かって記事にしてる。

幻冬舎が結局上場廃止になったことを勘案すれば、業種的に上場は厳しそうなところに、これらの記事のせいで企業姿勢が疑問視点され、余計にハードル上がってしまった。
はたからみると、要するにオーナーの事業承継で糸井さんがキャッシュアウトしたいということだろう。会社を残すため、とかわけわからんこというから突っ込みどころが多くなる。残す、の定義によりけりだが、おそらく経営は今の社員・幹部に引き継いでもらい、”ものいわぬ株主に向けてキャッシュアウトしたいだけ”との厳しい見方をされるだろう。

”人がほしい”というのもとってつけたようで、現状の利益で十分集められるはず(年収いくらの人を何人雇うつもりだ、という感じ)証券会社からの入れ知恵かもしれないが、このような受け答えだと”誠実”な印象に傷がつくかも。

増益を求めない株主に株をもってもらうって、それなら格安で払い下げろ、との批判を受けるかもしれない。利益が上がらず、上がらない株価に投資するのって、”応援してくれている投資家”に機会費用を押し付けているという意識がなさそう。・・・とブツブツ文句をいいつつも、実は私自身がめっちゃ柔らかい投資家で、必死でいっぱい買いまくったりして。

「ほぼ日」のユーザーって株式投資する層とかぶってなさそうだし、時世も”物言う株主の時代”に移りつつあるなか、もっともIPOに向いてなさそうな企業のIPOということで、興味がわいた。今後、ミスターサスペンダーが糸井氏突撃インタビューを行い、”やわらかIPO"の中身に迫っていきたいと思う。

 「会社を残すため」であれば、別の手段はなかったのだろうか。
 得た資金を使って、「人が欲しい」というが、人を採用するのは手段であって、目的ではない。上場で得た資金を使って人を得たとして、何をするのだろうか。そもそも、上場維持にもコストがかかる。それを正当化できるようなメリットはあるのだろうか?
 もう少しお話をお聞きしたいところです。
Qさんと伊藤さんの対談本を読むと2001年のITバブルに振り回されず良質なコンテンツを作ることに専念してたことが伺える。アンダープライシングが小さい柔らかiPoを期待したいが、上場するからには株主コミュニケーション(ROE)をどうすべきかな手堅いiPoにも期待したい。
Qさんとに対談見る限り、その辺りは考えていらっしゃるようかなって
ずいぶん批判されているようですが、全然良いのではないでしょうか?高成長や高配当企業じゃないと上場すべきではない、なんて事はないでしょうし。最近はSRI投資やガバナンスファンド、グリーン投資ファンドなど、記事にある通り多様な株主が市場にいるし。
株式会社時事通信社(じじつうしんしゃ、英語: Jiji Press Ltd.)は、1945年11月に創立された日本の民間通信社である。国内78カ所、海外27カ所の支社や総支局を有する。 ウィキペディア
ヤフー株式会社(英称:Yahoo Japan Corporation)は、日本の企業。ソフトバンクグループの連結子会社。 ウィキペディア
時価総額
4.54 兆円

業績