新着Pick
61Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
"グランゼコール卒業者が、経済が停滞するフランス国内での就職に見切りを付け、ファーストキャリアを海外で始めることを希望する傾向が強まっているのだ"か。
これは「グランゼコール」を「旧帝大」に、「フランス」を「日本」に置き換えても同じことが言える気がするな。
【追記】
佐藤さんのコメント参照。「日本のハイエンド就活生の海外志向は低い」のだそう。サクッとググった限りあまり出てこなかったので、ソースが知りたいなぁ。
教育が閉鎖的で硬直的な身分制度もどきを生むと、官僚志向の強い保守的な学生は国内に残り、上昇志向の強い優秀層が海外志向・外資志向になるのは当然。日本でも、最優秀大学理系院などには、外資が直接リクルーティングを行っている。10年前は金融中心で、今はシリコンバレーの一流テック企業も
日本では10年前は外資ブームだったが、今は商社ブーム。自分は外資でキャリアをスタートしたが、日々の業務でそのカルチャーを体感することは多いものの、実地での海外経験に関しては、日本企業から海外赴任するほうが確率としては高いだろう。
フランスに置き換えて考えると、たとえばゴーン氏は若くしてミシュランのブラジル工場の経営幹部となっている。今はフランス企業に見切りをつけていても、実際にフランス外でキャリアをスタートできる人口層は、実際はトップの中のトップ、ごく一部ではないだろうか?フランス語圏においては、もともとフランス企業が強い。フランス語圏でないなら、日本でずっと教育を受けてきた東大卒なりの方が日本語使わずにグローバル企業でいきなり戦えというようなもので、一定戦えるだろうが武器である日本語は使えない状態で戦うのは、戦略的には不利な状態。
シンガポールは12歳の時の統一テストで、その後のキャリアパスがかなり決まり、大学にも2割ちょっとしか進学しない超エリート主義。経済好調なのでフランスと違って海外に就職する動きはあまり見られません。
スクリーニングのタイミングが何処で始まるかは、国によって異なる。
ドイツも小5までにAbiturなる資格を取るギムナジウムに入らなければ大学進学が出来ないが。。。色々とのし上がる手段はありそう。
日本でのスクリーニングは大学受験か。が、そうは言っても大学名で全ては決まらない。会社に入ってからも幹部になれるチャンスはあるわけで、日本はフランス程にスクリーニングの厳しさは無い。
大器晩成型には、良い環境かも。
フランスのような陸続きで他の国と接している国は、やっぱり日本とは外国に対するマインドが微妙に違うんじゃないかという気がする。そういった意味で、イギリスの現状とか少し興味ある。あ、でもイギリスの場合は言葉の壁はないのか。
ファーストキャリアが海外っていう選択肢が当たり前の時代がすぐそこに来ている。世はまさに大航海時代だな。
海外で武者修行した経験は、その後のキャリアの選択肢を広げるはず。ただ、調査すると日本人ハイエンド就活生の海外志向は驚くほど、低いんですね。
フランスの就職事情が良く分かる。知らないことばかりでしたが、フランスのハイエンド学生も海外へ出ることを考えているということは興味深い。日本は、就職だけでなく、大学進学から海外の大学へという流れもできつつある。優秀な人材を国内にとどめておくことは賃金が低い国では難しくなってきている。日本の企業も世界統一賃金などを真剣に検討する動きがあるが、本当に必要なんだと思えてきた。
どこの国も、エリートは大変そうだなあ。普通が一番!
この連載について
世界を見渡してみると、「新卒一括採用」を行っているのは日本のみだ。このグローバル化の時代、既存の「就活」は曲がり角を迎えている。本特集では「新卒一括採用」に一家言ある論客が今後のシューカツの行方に付いて占う。