新着Pick
187Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「成功者のキャリア話」は生存者バイアスのカタマリであることを教えてくれる良シリーズ。ぼく自身、今の自分のキャリアにYesと言えるので、いま就活生に戻ってもリクルートに入社したいと思うだろうし、それ自体は良いことなんだけど、それが就活生にとって参考になるか、参考にすべきかという話はまた別問題。NewsPicks編集部はエッジの効いたキャリアを歩んできた人が多いからか、マスの就活生の立場や気持ちへの想像力が乏しい気がする。それがNewsPicksのポジションです!と言われたらそれまでなんだけどね。
記事自体は、嶋さんのキャリアを垣間見れてとても面白いです。
22歳だったらシリーズがNP編集部の流行?
基本的に成功者にインタビューしてるので、だいたいの人は自分のファーストキャリアは「よかった」になりますよね。
現在成功している人でもファーストキャリアのつまずきをしている人のそこからの立て直しなどの心理も聞いてみたいです。
ニュースピックスの有料購読者を考えるとこの企画の意味合いは「すでに働いている人が最近の新卒就活事情を、博識者(しかも大企業や有名企業出身ばかり)のインタビューで知った気になって、最近の若い者は大変だな、でも若いんだから会社の規模とかじゃなく、やりたいことをやるべきだ」って戯れ言を言うためのものということかな。日々、採用活動で真剣に頑張る学生と接している身からすると何も変化を起こす気のないこの企画は違和感ばかりで残念です。
「ゲームチェンジャー求む」。これが取材の最後に嶋さんが言っていたメッセージ。メディア業界と同じく、広告業界も大変革期にあるだけに、新たなゲームのルールを創る大チャンスです。
とてもとても同意。
“既存の組織にあわせて自分のやりたいことを決めるより、ゲームチェンジが起きている中で、何ができるか考えることが重要ではないかと思っています。”

キャリアプランの具体さについては、正直どっちでもいいと思っている。がっつり決めつけることも、あまり決めるつけないことも、結局はそれに自分が覚悟さえ持てていればそれでいい。

ただ、この覚悟を持つってこと自体がとても大変なことは理解しているつもり。自分が採用を通して出会えた学生とはこの問題解決にいっしょに向き合うことにこだわっているが、イケていない世の中の就活全体を変えるには全くの力足らずを痛感してる。
嶋さんの場合、やっぱり博報堂な気がします。佐々木編集長の記事の中に「電博の違い」がありましたが、嶋さんのような人が輝くというか、嶋さんのような人になりたければ、個人が強い博報堂なんだと思います。
キャリアプランは概ね、ざっくりしていていいと思う。キャリアの中で色々な仕事や人と出逢い、指向性が形成されていく。
つまり自分自身の声をちゃんと聞いて、それを解釈できるかが重要。でないと方向性は見えない。
嶋さんはそれが出来ているので、今のキャリアに納得感があり、また同じ会社に戻ってもいいと結論付けてると思う。
今僕が就活生ならクックパッドに行きたいと思う。中を知ってるだけに。
この連載について
世界を見渡してみると、「新卒一括採用」を行っているのは日本のみだ。このグローバル化の時代、既存の「就活」は曲がり角を迎えている。本特集では「新卒一括採用」に一家言ある論客が今後のシューカツの行方に付いて占う。
株式会社博報堂DYホールディングス(はくほうどうディーワイホールディングス、Hakuhodo DY Holdings Incorporated)は、東京都港区に本社を置く、広告代理店の持株会社。 ウィキペディア
時価総額
6,938 億円

業績

株式会社電通(でんつう、英語: DENTSU INC.)は、日本最大手および世界第5位の広告代理店である。 ウィキペディア
時価総額
1.17 兆円

業績