新着Pick
130Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
最早、就活特集なのかわからない業界を俯瞰した良まとめ。範囲が広すぎるのでそこまで深くならないが、昨日のIT業界ではクラウド化、今日の自動車では為替変動などによる稼働率低下リスクなど、マクロから見たシステマチックリスクに言及している記事は多くないので、その視点はさすが。
完成車メーカーはいわゆる規模型の経済性で稼働率ビジネス。たしかに、すべからく経営危機を経験してる。しかし、一時期の大再編の時に言われてたような、グループの生産台数合計で勝負が決まるほど単純でないのは、近年の富士重工、マツダの躍進が証明しているところ。ただ、トヨタのTNGAの取り組みのようなプラットホームの統一化がすすむと、またゲームが変わる可能性はありますね
規模が大きいゆえに採用人数も大きい。日本自動車工業会の調査によると、完成車メーカーだけでなく部品メーカー含めると、製造部門で78.5万人、また材料や電子部品では37.6万人の雇用がある。
個人的には材料メーカーは面白いと思う。それは自動車だけでなく、他の産業にも供給していることが多いこともある。なので、更に広がりが大きい。材料メーカーって目立ちにくいが、かなり重要。
http://www.jama.or.jp/industry/industry/industry_1g1.html
日本を支える代表的な産業である自動車産業について素晴らしいまとめ。携帯端末ほどのスピード感はないものの変化することが間違いない業界。その中でリスクがうまくまとめられている。有望なところで部品メーカーとトラックメーカーと言うもの一般的な就活生の中では見逃されがちなところ。要注目。現状の自動車業界については、昨日の広木さんのストラテージレポートも合わせて読まれることをお勧めしたい。
https://m.newspicks.com/news/943749/body
自動車業界に関する分かりやすい良まとめ。自動車業界は典型的なシクリカル産業である。シクリカルとは景気循環的ということであり、好景気時の好業績と不景気時の業績悪化を数年単位で繰り返すことを意味する。自動車会社のキャッシュ・インは消費者/企業への売り上げであり、これは景気の動きに連動しやすい。一方のキャッシュ・アウトは従業員への給与や設備投資などであり、景況感悪化時であっても迅速に支出カットできない性質のもの多い。そのため、景気の循環で業績はブレやすい(記事では「自動車業界は、アップダウンが激しい」という部分で説明)。業績のブレの例として、1) 2008-2009年の世界金融危機時にはホンダと一部軽自動車会社以外ほとんどの本邦自動車会社が最終赤字に陥ったこと、2) 同時期にオートモービル創業の米国ではBig 3の一角ゼネラル・モーターズがチャプター11下で倒産・再建することになったことが挙げられる。

なお、シクリカルな業界は、航空会社や半導体会社も同様であり、資源会社も見方によっては該当する。なお、投資やM&A案件にて「足元の利益水準」のみに着目し「中長期の均した利益水準」を軽視してしまう、言い換えるとシクリカリティーを見誤ってしまうと、買い手は高値づかみで買収を決め、数年後に失敗案件となりかねない。

投資/M&Aと就職は、自身のキャッシュ又は時間というリソースを投入するという点で類似性がある。したがって、シクリカリティーを意識することは、就職検討時にも示唆が多い。日本では自動車会社はともかくとして、これまで過剰人員・過剰設備・過剰負債にて多くのシクリカル業界に属する企業が倒産・実質救済・消滅してきた。本邦では、航空会社はJAL/スカイマーク、半導体はエルピーダ/ルネサス、総合商社はかつては10大商社体制と言われたことが一例。なお、消滅した企業名は世間からいずれ忘れられる(今の若者は総合商社・日商岩井すら知らないだろう。米金融業のソロモン・ブラザーズもかつての栄光を理解する人は少ない。リーマンもいずれ忘れられる)。学生にとって、就職先の企業選びは足元の業績やレピュテーションだけでなく、長い時間軸や広い視野をもって検討した方が良い。ただ、業界トップ企業が死ぬことは稀なので、NPでしばしば言われる「トップ企業に行くと良い」という指摘には同意する。よく分からなければ、その業界のトップに行こう
就活生は「今がピーク」という視点を大事にしていただきたい。みんなが殺到しているということは、一生激しい競争をするハメになるということでもあります。
新入社員当時、トラックと自動車部品を担当し、いろんな会社に取材することができました。当時、トラックはボロボロの経営状態でしたが、いすゞを筆頭に有望企業へと生まれ変わっています。10年で業界地図は大きく変わりますね。
EVが最大のリスクだね
移動手段のパラダイムシフトが起きないことに賭ける。あるいは、パラダイムシフトを自分たちの手で起こすことに賭ける。私ならこのどちらかに腹を括ることができたら自動車業界を志望する。
これも記事単位で売ってほしい素晴らしいまとめですねー。

各論だけコメントを。
結論、10年後、ましてや30年後の環境は誰にもわからないものの、起こりうることをある程度考えられていると道筋がたてやすいかもしれません。

記事の通り設備投資が大きく、先を見誤ると代償は大きい。そのなかで、
5-10年単位:
「プラットフォーム共通化」の流れに注目。アプローチはそれぞれ少し違うが、VWのMQB、トヨタのTNGA、ニッサンのCMFと大手各社が取り組んでいる。詳しくは下記を。
http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXNASFK3103V_R30C12A8000000/

10-20年単位:
自動運転車は業界の主導権を今後も自動車会社が保てるかの勝負に。
潜在的には車の活用効率があがり、売れるクルマが少なくなる可能性も。また、スマホの価値がプラットフォーム全体にあるように、車の価値もgoogleなどの他のプレイヤーにとられるかもしれません。

それから、蛇足ですがトラックは様々な用途に応じてオプションが変わるカスタマイズ品で1車種に数百のパターンがあることも。
個人的にはまだまだテクノロジーによる生産効率化の余地が結構あるのではと思っています。
電機、ICTときて、自動車も分かりやすいまとめ。今後、電気自動車でどうなるか?カーシェアリングなど、所有されなくなってどうなるか?自動運転が実用化されてどうなるか?興味は尽きない。
その点、トラック関係はそういう変動の影響を受けにくい安定したエリアだったりするんだろうか
この連載について
世界を見渡してみると、「新卒一括採用」を行っているのは日本のみだ。このグローバル化の時代、既存の「就活」は曲がり角を迎えている。本特集では「新卒一括採用」に一家言ある論客が今後のシューカツの行方に付いて占う。