新着Pick
財新網

この記事は有料会員限定の記事となります。

22Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
「ベイン・アンド・カンパニーは、2015年における大中華圏PE市場の取引件数は減少し、さらなる試練に直面するだろうと予測する。」2006年頃の日本のPEファンドバブルに少し似ている気がしますね。
バブルは、産業を生むこともできる。ITが典型で、ITバブルで資金・人材が流入したから今があるというのは否定できない。一方で、NASDAQがITバブルの最高値を先日更新したが、15年かかった。実態と期待、そして投資という観点でそれをどう判断するかというのは切り分けないといけない。
VCバブルも、IPOバブルも、不動産バブルも結局根っこは全て全世界での過剰流動性の産物であり、「中国」「PE」に絞って論じてもあまり意味ない気はするが、中国自体の成長率が鈍化しているということと重なってることも一つの背景でしょうかね
中国の株式市場が過熱しているので、PEファンドも回収フェーズなんでしょうね。シンガポールにファンドの知り合いますます増えそう。