新着Pick
131Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
「米国の職業ランキングで、新聞記者が木こりと最下位を争う厳しい状況」その記者達が生活の安定を求めてPR業界に転職しているとの事。 PR業界の年収はこの10年右肩上がりで20万ドルを超えているが、記者は5万ドルを割り込んでいる。業界が過渡期にある証拠。次のビジネスモデルを構築できない限りジャーナリズムに未来がない。
非常にショックで、他人事ではない話。早晩日本も同じようなことが起きるだろう。
優れた調査報道や長期間の連載にはコストがかかる。ジャーナリストが食べていけないということは、人々がその仕事に価値を置いていないということ。本当にそれでいいのだろうか。ただで溢れる情報だけでいいのだろうか。
デジタル化がコンテンツ産業を食いつぶしかねない。コンテンツに敬意を払うのは当然だが、コンテンツを生み出せるビジネスモデルの構築を急がないと。
日本はジャーナリストが辛うじて「食える職業」だが、これだけ新聞社のコンテンツがフリーになってしまい、紙の新聞を買わない人が増えていると、いつアメリカのような状況になってもおかしくない。でも、それではジャーナリズムが死に絶えてしまう。もう、NGOや財団でないとジャーナリズムは存在しえないのか…。早急に、もう一度、課金できるジャーナリズムを再構築する必要がある。フリーでコンテンツを消費している多くの人もその深刻さを認識すべきかと。
「米国の職業ランキングで、新聞記者が木こりと最下位を争う厳しい状況にある」というのは新聞記者にとってはショッキングなニュースだけど、もはや逃れられない重力で、時計の針は元に戻せない。新聞記者は優秀な方が多い一方で、変にプライドが強すぎる方も多いので食いっぱぐれないようにうまくキャリアパスをつくりたいものです。
なかなかの現実。とはいえ、産業も国も現状いじは夢物語。一つの職種で終えない人のかずは新聞に限らず多そう。常に大胆な判断ができるようスキルアップを精進やね
経済紙や専門紙の記者、編集者たちが、IR業界に移る時代も来るかもね。
アメリカって、大手紙は数える程しかないけれど、州ごとに地元紙があり、もっと細かい地区単位の新聞もあり、それなりの大学だったら毎日、新聞が発行されている。雑誌やフリーペーパー、テレビやラジオなどローカルメディアは日本と比べれば遥かに充実しているし、地域に根付いている。
でも、彼らの収入を聞くと、ええっ!て額しかもらっていないんですよね。でも、普段はすげージャーナリスト然とした振る舞いをしている。
それでもジャーナリストを志す人、続ける人は多くて、面白いなあと思います。
記者と違って、自分の仕事の結果が分かりやすいですしね。しかし、木こりと同じってインパクトある。
PR業界がここまで高級取りな理由も知りたいな。
ジャーナリズム擁護の声も多いけれど、個人的にはそもそももっとウマくやれるだろ、とも思う。デジタル化が進んだからジャーナリズムが危機に瀕しているのではなく、ジャーナリズムの次の形を意識している記者が少ないだけ。
営業マンが「営業行為がうまくいかなくて食えなくて困りました」と言うからといって、営業という行為がダメだという話にはならない。たいていはそういう営業マンはこの時代にワープロ売ってたりするわけで。”ジャーナリズム精神”はそのままに、次の時代の伝え方を考える必要がある。
新着記事一覧
販売で大切なのはモノに宿る「ストーリー」を語ること――アメリカンクラフトビール会社代表・大平朱美さんが実践した営業スタンス
リクナビNEXTジャーナル
2Picks
Nianticとポケモン、『Pokémon GO』7月の「コミュニティ・デイ」はみずタイプのポケモン「ゼニガメ」に決定
Social Game Info
2Picks
会議で否定ばかりの人に、絶妙な切り返し - やる気を削ぐ「面倒な人」の対処法
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
8Picks
【インタビュー】黒字転換を果たしたモブキャストHD…IPタイトルを活かしたヒットの秘訣や今後の展開は?
Social Game Info
4Picks
【夏休み2018】教育関係者が選ぶ、親子社会科見学のすゝめ「工場見学編」
リセマム
10Picks
英語公用語化の最大効果は会議時間の短縮 - 「共通の話題がない」はいいこと
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
3Picks
学校教育に頼らず一流になる人の共通点 - AI時代は"独学者"だけが生き残る
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
94Picks
スキマ時間でなく“勤務時間”がカギ。新たなビジネスモデルを打ち出す「SPICEMAIL」
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
2Picks
「貧乏マインド」があなたの人生を台無しにする - 内藤忍
BLOGOS - 最新記事
2Picks
男性フォロワー率を上げたアプローチ法 男性ユーザーが興味を示す投稿とは?
WWD JAPAN.com
2Picks