新着Pick
209Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これはない、と思ったので原文探してみました。
http://www.businessinsider.com/how-apple-and-alibaba-could-destroy-the-banks-2015-3
訳の問題もあるけど、原文も比ゆ的な表現が多くてわかりずらい。。。
こんなの訳さなきゃいけないプロの翻訳家には絶対なりたくないなと思いました。

たとえばおいおい、一般銀行が「通貨の発行」?とみなさんが思った部分。
・既存の銀行の特権である「通貨の発行」は、原文で「money issuance」。言いたいことはほぼ日本語訳の通り、お金を貸すことであらたに資産(new liability -the deposit-)と負債(a debt asset)をうみ、底から安い利率で資金調達した差額で儲けること。
・・・わかりずらい。

もっとわからないのが、ポイントカードなどがEquityに基づく通貨としているところ。
・著者は新しい通貨として、Debtではなく、Equityによる通貨=tokens(日本語訳「借用書」)を提案しているが、著者が言うEquityによる通貨とは、株式交換でM&Aを行う時の株式のようなもの。
・取引先との取引も、株式(に連動した通貨)でしはらえばいいのでは、と言っている。
・いっぽう、これをBtoCに広げるときに、ポイントカードのポイントの価値を株式に連動すると、このポイントが通貨として流動しやすいって言ってるみたい。

⇒日本では、別に株式連動しなくても通貨として機能してるように思うけれど。。。
(ちなみに、現行のIFRSではたしかポイントカード分って発行時点で金額換算してひかなきゃいけないはずで、発行体企業が価値を保障する。)

うん、結局主張がよくわからない。
この手の金融系の記事は米国と日本でかなり状況が違うので注意。そもそも日本はクレジットカードは少数派だし小切手の文化もない。一方でTポイントとポンタみたいなポイントを元にした情報サービスはメチャ普及してて、この記事の未来とはまた違う未来になってる。
財布を握る者は世界を制すことができるとは思います。
しかしその反面国によって様々な規制がかけられてしまってなかなか思ったようにいかないのも事実。
paypalが日本でなかなかスケールしないのもその理由が一つあるのでしょう。
よく分からなかった(笑)
Bitcoinのようなものがさらにその先で通過革命を起こそうとしていると思う。
阿里巴巴集団(アリババしゅうだん、日本語: アリババ・グループ・ホールディング、英語: Alibaba Group Holding Limited)は、中華人民共和国の情報技術 (IT)などを行う会社であり、持ち株会社。本社は浙江省杭州市。 ウィキペディア

業績

アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売するアメリカの多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ(Apple Computer)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
207 兆円

業績