新着Pick
116Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
これはなかなか意味深な調査結果。
人口に対する訪日割合(ベトナム0.1%、中国0.2%)を考えるとベトナムの方が所得上位層が来日しているだろうが、ベトナムの一人当たりGDPは中国の1/3以下。ベトナムでは中国を上回る冨の集中が進んでいるのか、数年前の中国のように役人に金が集まる仕組みなのか。
検証した訳ではないですが、ベトナムに詳しい知人の話だと、個人事業主が商品の仕入れも兼ねて日本に旅行に来ているので、使用する金額が多いという見方もあるそうです。裏取りが必要ですが、参考まで。
恥ずかしながらベトナム人も爆買いするとは知りませんでした。
本記事の、「(ベトナム)国内で買うと、何となく偽物をつかまされそうでねえ。日本ならそれはないでしょ」というのは、日本に買い物旅行にやってくる外国人が何を期待しているか示唆してます。「本物志向」で彼らの期待に応えることができれば、まだまだ日本経済にもポテンシャルがあるということだと思います。
ベトナムにそんなお金持ちがいたとは。。! やはり、まずは政府関係者? それにしても、ヨーロッパ製品も日本で買えば大丈夫というこの信頼だけが、日本ブランドの最後の砦? この印象があるうちに、これを戦略的に生かせないものか?
在日ベトナム人も観光目的で来るベトナム人の購買欲に驚いてました。経済水準、物価水準も違うのに、凄いと私も思います。多慶屋が外国人にとって購入しやすいテンポというのは勉強になりました。私も多慶屋が大好きです。何でも揃いますからね。
ベトナムは結構派手好きなイメージがあったなぁ。段々こうやって順番に訪れるようになるんですかね?
いらっしゃいませ。