新着Pick
236Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Glance(ちら見)のJournalismはいい表現。Google Nowを日本担当だった尾原から見るApple Watchの良さはは以下の2つ
1.ちら見で重要性を判断できると目の前の集中をとぎらせないで続けられる
2.上記があるのである程度重要じゃない情報もあっても気にならなくなるので
 たくさんの情報を浴びて、偶然の出逢い(セレンティビティ)を起こすことができる
Googleは既に情報をGlance対応のCard化していっていて, それが先行事例として参考になるので日本ベンチャーの方は参考にされるべき

1のチラ見によって集中力がきれないマインドフルネスの重要性は尾原はGoogle Wear,Glassを半年以上使いつづけている実感でもあるし、Nobiさんのレビューに詳しい
「Apple Watch」世界先行レビュー続編:Apple Watchを使って2週間――林信行の生活はどう変わったか (1/4) - ITmedia PC USER http://t.co/1ZRDz001uU

そして、実は2のどうでもない情報を大量に浴びれることで、セレンティビティを起こせるUI技術こそが、Facebookのストリーム、Pinterestの複数横配列、Vineの8秒自動再生動画等、とても大事。

最後にこの チラ見によって現実の集中力がきれないマインドフルネスについては
Google vs.Appleを「哲学」から理解する
http://bit.ly/1EhBKAq
をご参考に
PCからスマホへ、スマホからウェアラブルデバイスへ。どんどん画面が小さくなる中、メディアに求められるのは要約力。その点、見出しの要約力という観点ではヤフトピに敵うものはない。ヤフトピはグランス・ジャーナリズムの急先鋒かもしれない。
記事とは直接関係ないけど。日本はどうも、このチラ見せの情報提供が下手な気がする。
電車の運行情報とか「京浜東北線は急病人看護のため…」みたいな情報が流れてきても、遅れてるのか止まってるのか、状況はしばらくしないと分からない。「【遅延】京東」とかで充分で、わざわざ流れなくていいのに。
ある動画アプリも一覧表示で「【劇場版】クレヨンしんち」とかで終わってて、そのどの回のかが分からなかったり、書籍アプリも「新世紀エヴァンゲリ」で終わってて巻数が分からなかったり。
アップルウォッチが、チラ見で理解できる情報の出し方をきっちり考える契機になればいいなぁ。
ねぇね、まずさ、使ってみようよ。使ってみて最適なアプリ作ろうよ。と。
発売前のうんちくは好きではないので、使ってみて述べる。
俺もアップルウォッチと一番相性がいい機能はニュースの速報配信と緊急メッセだと思ってる。
「ちらり」でニュースはどう変わるか。ロイターも深掘りと同時に、1行ニュースを増やしている。『噂の真相』の1行情報は相当のインパクトを持っていた。ファクト、うわさ系は、わざわざ長く書かなくていい。マーケットニュースは1行ニュースと親和性が高いと思う。
ニュースは見ないかなー
緊急性のないものはプッシュ配信のタイミングとリード文が命になるなあ
グランス型ニュースは意外と受けると思う。たとえば、新幹線での移動中、テロップニュースが掲示板に流れている。ほぼ、事実を伝えるだけの内容だが、意外と多くの人が見ている。「グランス・ジャーナリズム」などの大げさなものになるか否かは別として、たとえば、日経新聞や各種業界新聞は、見出しだけでの配信サービスとしても価値をもつようになるかも。今、僕も、ニュースの見出しや解説数行部分をニュースリーダーで拾い、Pageアプリに集めて、選択閲覧している。広く、選択的に深く。そういう習慣が、色々な場面で根付きつつある??
「画面」に制約を受ける文字表現ならグランス、でも音声ならほぼ無限。ヘッドラインを文字で打ち出して、本文は音声、が初動の線? またはTW的に100字程度で「各パラグラフの要約」を一画面一要約で順次出す。
アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ(Apple Computer, Inc.)から改称した。アメリカ合衆国の主要なIT企業である。 ウィキペディア
時価総額
129 兆円

業績