新着Pick
406Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
井深大(38歳でソニー創業)小平浪平(36歳で日立製作所を創業)本田宗一郎(42歳でホンダを創業)

高岡壮一郎 (40歳でアブラハム•ウェルスマネジメントを創業)

なんて私はまだ成功してないですが(笑) この記事は共感できます。

やっぱりこの世代は、

-その業界の裏表や解決すべき課題に精通。どうしたら顧客満足を高めることができ成功できるか、道筋が見えている。
-約20年のビジネスマン人生の実績を活用して、多くの方の支援を受けれる
-優秀な20代30代の力を引き出せたり、信頼できる人を見極めたり、人を見る目が定まっている。
-何かに挑戦して来たなら、一度くらいは苦渋や挫折、大敗を経験しているため、他人の痛みに共感できる。困難を乗り越えたトラックレコードがある。
-60歳まで、あと20年ある。一仕事やれる時間がある。

という点で、世の中に有益な新しい何かを生み出すタイミングとして、実は向いている気がします。
そういやウチのオヤジは28年間、某銀行に勤めた後、60歳で起業してたな。僕やボス⚫︎ンで経営コンサルタントやってる弟よりも年収高いのが自慢のオヤジです(笑)。
うん、年齢じゃないよ、やっぱ。
こういうコンテンツこそネットやソーシャルが持つ欠点の一つだろう。「事実ではあるが情報が浅すぎる」「それでいてキャッチー」であるために、誤解が広がる恐れがある。一例を挙げれば本田だが、20代から実質起業しており、戦時中は3000名の社員を要する軍需工場になっていた。それをトヨタに当時の45万円(現在のほぼ10億円近い価値)で持分を売却し、最後に創業したのがホンダなのだ。サラリーマンが40代で起業した、のでは全くない。偉大な会社を作るのに遅すぎる事はない これは事実だろうが、最初の起業、に遅すぎる事はない はどうだろうか。
始めるのに遅すぎることはありませんよね!
20歳の若者が明日死ぬこともあれば、60歳の年長者が30年生き続けることもあります。
70歳から絵を描き出して90歳までに多くの名作を残した人がいたと、かすかに記憶しています(確か女性だったような)。
2000年以前、「40歳、男性、資金3000万」が最も起業してから順調に成長に結び付きやすいというデータがありました。今はITが起業年齢を幅広くしたと思います。ただ、起業には、かなり気力体力が求められ年齢は関係すると思う。経営チーム内でダイバーシティ、足りないものをカバーできれば問題なし!ライフネット生命さんとか創業経営陣の組合せが面白いなーと思ってます。
今まで全く起業に興味がなかったけど、つい最近ゆくゆくはかならず起業することを決意したのでなかなか励まされる記事。何かに挑戦するのに遅すぎることなんて一つもない。
もう10代じゃないと遅い時代になるよ
私、現在36歳。2年以内の起業に向けて準備中。間に合うかな?
優秀な若手と一緒にやるので、あまり私の年齢も関係ないですが。
何歳でも始められると思いますが、「大きな成功」を目指すには早いほうが有利でしょう。しかし、何歳で起業しても、起業自体は確率・期待値的に割のいいものではない(しかし、他人の下で働くのではないので気分はいい)という認識も必要でしょう。誰にとっても起業が正解である訳ではない。
これ、金融業界でもあてはまる。おそらく20代だとまだ経験不足で、40後半になると子供の学費など自由度がきかなくなり、守りに入る割合が増えるからと考えられるし、そもそも早期に独立する人のほうがアントレプレナーシップが強い表れだから、とも解釈できる