新着Pick
235Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
わいせつという概念について判例は「いたずらに性欲を刺激し・・・」などという解釈をしていますが、該当するかどうかはその時代の裁判所の判断に委ねられています。
ひと昔前は完全にアウトだったものも、今では堂々と通っていますし。
そもそも、わいせつ物が規制を受ける理由は「見たくない人の権利」を守るためだと考えます(利益衡量説)。
そうであれば「見たくない人」の権利が守られる書籍、写真集、はたまたDVD等の販売を”わいせつ”だというだけで規制するのは表現の自由に対する過度な規制です。
ろくでなしこさんが”どのような方法で頒布したか”が裁判の焦点になるべきだと個人的には考えていますが、実際はわいせつ概念にあたるかどうかで判断されることになるのでしょうね。
まあ、この作品で性的興奮を覚えることはまずないな
【社会】ろくでなし子氏の作品がアートであるかどうかは個人の嗜好の問題であるから、今回の裁判で争うべきではない。今回の裁判で争点となるのは「作品」の「わいせつ性」であるはずだけど、Pickerのコメントで刑法上の「わいせつ性」について触れたコメントがあまりないのが残念。中でも直感的にわいせつだと思い込み、「調子にのりすぎだから見せしめ」というような意見は刑法上の観点を全く無視した情緒的なものであって、個人的には強い不快感を覚える。

「わいせつ」の判例上の定義は、「徒に性欲を興奮または刺激せしめ、且つ普通人の正常な性的羞恥心を害し、善良な性的道義観念に反すること」であって、今回の裁判では彼女の「作品」がこの定義に該当するか否かが争点になるべきであると思う。ちなみに、情緒的に「わいせつ」だと思いこむ人は、全国各地の秘宝館や男性器をご神体とする神社、コンドーム・メーカーのオカモトなども等しく「わいせつである」と考えるのだろうか?
見たくない人に強制的に見せている訳ではないのだから、「表現の自由」でいいと思う。それ以上の理屈は不要。
あほ草。こんなんより規制しなければならない表現いっくらでもあるでしょ、と。芸術かわいせつかは個人の感覚の問題であり、どうみても芸術的感覚があると思いづらい”おかみ”や裁判所のおじさん、警察におしつけられたくない、と思ってる方も多いことあろう。
アートかアートじゃないかといえば、個人的にはアートではないと思うけど、逮捕や起訴をされるほど猥褻だというのなら、いわゆる子孫繁栄、五穀豊穣系の奇祭も摘発されるべき。
お前がそう思うのは勝手だから無人島でも行って蟹を相手にやってろよ。構ってちゃんに用はない。カソリック社会での芸術絵画の中での裸の描き方の変遷をメモなしのソラでプレゼンするくらいの能力があれば話を聞いてやらんでもないけど騒がれたい目的が先にあって敢えてわいせつをネタに選んでる様子がヒシヒシと伝わってきて見苦しい。
全然ワイセツじゃない。放っとけばいいのにナゼ逮捕したのか?
それは国民的議論を巻き起こしたかったから。ではナゼにわざと議論を吹っかけたのか?
それはどっちに転んでも国(公務員)の仕事が増えるから。
お疲れ様です。