新着Pick
141Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
潰れたスーパーに千台を超えるビデオデッキがあってパートのオバちゃんがひたすらテープを交換していました。シュールな光景でした。
扱う商材はエロでも、ちゃんと売れるようになるために考えるプロセスは一緒。富山の薬売り方式にすれば在庫リスクを抑え、売り上げ動向がちゃんとわかる。さらにPOSレジを配布し、店頭起点のサプライチェーンを構築する。扱う商材はエロでも(本日2回目)やっていることはSPAの基本だし、ユニクロと一緒ですね
↓ いかに儲けを増やすか、をシンプルに、トコトンお考えだったことがわかります。代金回収、コストダウン、売上アップ、の順に手が打たれているように見えるのも偶然ではないと感じます。
理屈では説明できても、これを天然で実践するとなると…。本当すごいです。

① 住所を調べて、ダンボールでビデオ店に100本ほど、ドカッと送りつけちゃえばいい。そして3カ月後に返品してもらって、売れた分だけ請求
② ぶっちゃけて言うと、1本100円
③ 当時は戻ってきたテープ、つまり売れ残り品に新しい作品を上書きしていたんだよ(笑)。
④ 1本単位でどの作品がどれくらい売れたかわかるから、次の作品作りやビデオの生産に反映することができる。
⑤ 出版業界はPOSを1台10万とか20万円とかで売っていた。これじゃあ誰も使わないよ、だったら僕たちのは全部タダでどうぞ、と各ビデオ店に配りました
POSをタダで配るという意思決定、背景はその時点で問屋介さずビジネスしてて(間に入るほど、在庫管理が複雑になる)、またコンテンツビジネスで限界利益率が高いというのもあるだろう。
売れ筋を把握してしっかり売れれば、返品在庫は記事にあるように上書きすればいい。売れれば利益がガンガンでるから、タダで配るコストより売れるメリットが大きい。
ホリエモンと一緒にそこに私が同行していたとは誰も知るまい・・・お土産になにもらったとか・・・
ビデオの時間にここまで考えてやり抜いていたとはシンプルに驚き。
そりゃーDMM強いわ。
POSをばらまくことで競合含めた全商品の売れ行きがリアルタイムで把握できるってことかぁ。それを基に商品開発ができるし、需要予測も立てやすい。これ、すごい!
データって分析するまでのデータの蓄積をどうするか、集計をどう仕組み化するかが大変。まさに言うは易し、行うは難し。商売のやり方としてのヒントが盛り沢山。自社の事業領域や他業界の置き換えて考えてみると面白い!
こういう話って、さらっと書いてあるし事後的に聞くと「あぁ、なるほど!すごいなぁ」ってくらいの感覚で受け止めがちだけど、当時このやり方が世にないときに自分が想像できたか?実行できたか?って考えると、無理だと思う。

きっと、考え抜いてすぐにやってみるってのが大事なんだろうなー
良質な顧客行動のデータを大量に集めるのは、近年のビジネス成功の必要条件ですね。
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。
合同会社DMM.com(ディーエムエム・ドット・コム、英語: DMM.com LLC)は、ECサイト「DMM.com」を運営する日本の企業。 ウィキペディア