新着Pick

米大統領、キューバのテロ支援国家指定解除を承認

朝日新聞デジタル
オバマ米大統領は14日、キューバに対するテロ支援国家指定を解除することを承認し、議会に通告した。米ホワイトハウスが明らかにした。順調にいけば45日後以降、33年ぶりに解除される。その際には、キューバ…
75Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
時間の問題だとは思っていたが、とうとう解除へ。
下記の大前さんのコメントを読んでもわかるとおり、バラ色の未来がまっているわけではないと思うが、キューバもアメリカもメリットのある連携ができればいいなと思う。
https://newspicks.com/news/920344/
レーガン大統領のころの冷戦まっただなかの時に指定されたテロ支援国家指定がようやく解除。なんでこんなに長らく、、、という気もするが、支援国家指定解除の基準のひとつ、”過去6か月でテロを支援していない”って、なんか短くないか?

・・・はさておき、各国で政権転覆の反政府勢力を支援したり、突然武力介入したりの某国としては、次は自国をテロ支援国家に指定したりして。
テロの定義にもよるが、ロシアもテロ支援国家に指定されてもおかしくない。

ちなみにテロ支援国家の定義は以下。
-------------
アメリカ合衆国に敵対してテロリズムを行なう組織に対して資金・装備品提供・潜伏場所確保等の支援・援助を行なっていると見なしている国家
オバマ大統領はまず約束を守ったかたちになる。今後、国交正常化に向けて加速すると思う。両国で食い違う点や不安要素はまだまだあるが今後の行方に注視したい。
①過去6カ月の間に国際テロ組織を支援していない

6ヶ月なんて短いなぁと思ったけど

②将来もテロ組織を支援しないと保証される

ということですね
この本筋とは若干離れるが、先日、オバマとカストロの首脳会談の時、このニュースよりも、ヒラリー・クリントンの大統領選出馬表明の方がメディアは盛り上がっていたのがいたのが印象的だった。BuzzFeedはもちろん、ブルームバーグもヒラリー。
アメリカ国民はキューバなんてもう殆ど気にしてないのかな。