新着Pick
103Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
昨年2社の上場に関わったが、証券会社はそんなに甘くはなかった。Gumiが特殊なのか、Gumiの担当者が特殊だったのか。
東証も東証だとおもうがね
自分も将来利益がガンガンあがるビジネスモデルかといえば・・正直ノーだと思う
事情を知らずにこの記事だけを見ると萎縮してしまうIPO準備中の起業家がいると思いますが、要点は「審査の厳格化」=「”事業計画”の合理的根拠の説明責任を追加」というだけです。計画を盛らずに妥当な事業経営している真っ当な経営者にとっては、特に弊害は無い模様です。
IPOで得た資金を投資する先がCM広告費だけであれば、大した期待はできない。
どのような事業拡大をするかリアリティーのある戦略を期待。その点、リクルートはIPO後に迅速な海外企業買収をしているので、さすがといったところ。
グノシーの大型上場に水を差すつもりはまったくないが、彼らのビジネスモデルの強みがよく分からない。証券会社が大きく宣伝し、ダウンロード実績も彼らの未来を楽観的にしているのは分かるが、グノシーのモデルの何が独特なのか、まったく理解できない。ニュース系のまとめアプリ、しかもユーザーの嗜好に合わせた選択をしている点は優秀なのだろう。ただ、グノシーがなくても、自分で収集したニュースを、RSSにてフォローできているので、なおさらそう感じる。本稿では主幹事の野村がどうのこうのと書かれているが、冷静な投資家なら、すぐ分かりそうなものである。ネットビジネスは、一見、理性を失った投資家によって、極端な上げ潮が起きやすいが、そろそろ普通の感覚で判断されるようになるはずだ。ネット系の有望株には、ぜひ、他社の追随が及びにくい機能や戦略を有しているのだと、語れるようにしてほしい
証券会社の報酬体系まで話を絡めるべきテーマかなあ?いろいろ課題はあるものの、バリュエーションをどう考えるか。のれんもあるので単純では無いが、IPOしなくても公募の七掛けくらいでなら買収したい会社があるという値段なら、納得感あり。そんなこと言ったら全てのIPO銘柄高すぎですが^_^
株式会社Gunosyは、「グノシー」や「ニュースパス」等の、情報キュレーションサービス・ニュース配信アプリを開発・運営している企業である。CEOは福島良典。2016年8月に竹谷祐哉COOが代表権のある取締役になり、2人代表制で経営している。同社は興味連動の広告最適化に強みがあると評される。 ウィキペディア
時価総額
371 億円

業績

gumi は、ゲームの企画・開発・運営、及びVR領域の投資・開発などを行っている株式会社である。社長は國光宏尚。 ウィキペディア
時価総額
265 億円

業績

野村證券株式会社(のむらしょうけん、英語: Nomura Securities Co., Ltd.)は、東京都中央区日本橋一丁目(日本橋本社・本店)に本拠を構える、野村ホールディングス傘下の子会社で証券会社。野村グループの証券業務における中核会社である。 ウィキペディア