新着Pick

経団連、人口1億人維持へ提言雇用多様に・街コン推進

朝日新聞デジタル
経団連は14日、人口1億人維持のための提言を発表した。少子化克服のため、男女の出会いを増やす方策などを提案した。「人口減少への対応は待ったなし」と題し、榊原定征会長ら経営者がまとめた。少子化の背景…
305Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「人口減少への対応は待ったなし」という問題意識はともかく、なんでその打ち手が街コンの議論に終始するのか理解できない。
記事の後段にあるような子育ての支援策といった外部環境の整備に踏み込まないと、どれだけ出会いの機会が増えても少子化は克服できませんよ。就業との両立などの論点にまで踏み込みたくないんでしょう。

同時に、人口減少への根本的な対策は根性論的な少子化克服策ではなく、移民受け入れに対する覚悟を如何に決めるかという問題だと思います。
経団連企業が年功序列、新卒一括採用を止めることが唯一のできることのはずなのに、街コンかい?
出会いがあってこそ、という入り口は理解できますが、その他地域限定社員推進(きっと女性のため理論なんだろうな)とは。。。旧来型の男女の役割を踏襲した策。本来の経団連だからこそリードして欲しい働きかた改革や子育て支援について 、明言して欲しい。
街コンを推進することが人口維持にそれほど結びつくのかは、大いに疑問です。
経団連のお歴々は、男女が結婚すれば子どもができるものと単純に考えているのでしょうか?
経団連として最も取り組むべきは、安心して出産できる制度の徹底と残業時間の短縮ではないでしょうか?
マタハラ、サービス残業という用語が溢れている状況では、決して人口維持は期待できません。
賃上げや女性の働き方といった最重要部分には触れずに「街コン推進」。ピンぼけ甚だしい。
移民推進しかないやろ
経団連のアイディアがこの程度・・・地域住民が出し合った知恵とか、地場の商工会議所がやります!とかなら、分かりますが、日本最大の経済団体ですよね・・・がっくり。

地方経済の活性化のための方策を考えた方が良い。経済が良くなって雰囲気が明るくなることが明るい未来の前提。特に若い人が悪い雇用条件ではなく、個々人のアイディアやイノベーティブな取り組みを邪魔をせず、経団連加盟企業が積極的に出資やサポートをするような仕組みを作った方がいい。
経団連は言うだけですから、プレス発表して終わりです。規範性のある人口、人流政策は、太平洋戦争でも実施困難でした。効果があったのは戦後の優生保護法くらいではないでしょうか。
まさに失笑。旧世代おじさん軍団が”男女の出会いを増やす方策”を提案だなんて。しかも終わコンと化した街コン推進てまた。。(SNSの戦略的活用とかならまだわかるけど。)
若者や女性の雇用問題といった議論の本質に触れてない以上、本質的な解決にはつながらない。
こんなレポートを学生が書いてこようものなら容赦なく「不可」です。