新着Pick
160Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
単なる素人の感ですが、

「今回裁判長を務めた樋口氏は4月1日付で名古屋家裁に異動しており、別の裁判官が審理を担当するとみられる」

という一文に何か、記者が言いたいことが含まれていたような気がします。地裁の人事権は、(以下略)
脱原発も良いが、石油産出国ではない日本がどうやって脱原発を行うのか?日本が太平洋(大東亜)戦争に入った遠因は、ABCD包囲網で日本に石油に入らなくなったことだ。どうして一部の人は異常なまでに原発を毛嫌いするのかわからない。安全性が問題なのであって、原発そのものが悪いわけではない。かつ福島原発は地震で電源を失ったのではなく、津波での電源喪失が問題だったのだ。そもそも裁判官はちゃんと理解しているのか?
今回の再稼働禁止の仮処分は様々な点で意味を持つものになりそうです。

まず第一に、高浜3、4号機の再稼働が当面できなくなること。少なくとも、異議申し立てが認められるまでの半年から1年くらいは、高浜3、4号機の再稼働は不可能となります。原発再稼働を進めるという方向にはブレーキになります。ちなみに高浜3、4号機の運転開始は1985年です。

第二に、決定文で「規制基準に適合しても安全性は確保できない」と断定したこと。これは規制基準に対し異議ありとするものです。新しい規制基準でも地震、噴火などの想定や避難計画について甘さが指摘されており、この基準以上のことは起きない、考えないという、福島第一原発事故の教訓を何も生かしていない姿勢も目につきます。事故対策のハードルは高いほど良いもので、今回の仮処分を覆せないような安全対策など信頼に足るものではありません。

今回の仮処分決定は、喉元過ぎれば熱さ忘れる的な再稼働への警鐘と捉えるべきかと思います。
この判決はかなり驚きました!
司法判断の中身を、まだ読んでいないのですが、引用部分を見る限り、規制基準の実質的内容にかなり踏み込んだ異例のもののようですね。
かつて、地裁においてアメリカ軍の日本への駐留が違憲と判示されたことがありました(砂川事件の伊達判決)。そのときには、アメリカの強い要請を受けて、最高裁に対して政治的圧力がかかり、「司法の独立」が大きな問題となりました。それを彷彿とさせます。
黒木亮著「法服の王国」を彷彿させるようですね。
http://amzn.to/1GGIg3N
決定を下した裁判官が人事異動というのも、本書で似たような描写があります。
原発に反対するような地裁の判決や決定が控訴審・上告審でことごとく覆されてきたという歴史があり、地裁レベルでこのような決定が出されることは、少なくとも私たち法曹にとっては決して真新しことでも驚くべきことでもありません。
東日本大震災よりもずっとずっと以前から積み重ねられてきた司法判断ですから。
今日の最高裁と政権与党との関係性を図る意味でも、黒木氏の著作はとても参考になりますよ。
正直、予想外の判決。理由はNHKの記事が詳しい。他の地域に与える影響、今後の展開がとても気になります。
福井地方裁判所は、10年足らずの間に各地の原発で5回にわたって想定を超える地震が起きたのに、高浜原発では起きないというのは楽観的な見通しに過ぎない」と指摘しました。そのうえで、原子力規制委員会の新しい規制基準について、「深刻な災害を引き起こすおそれが万が一にもないといえるような厳格な基準にすべきだが新しい規制基準は緩やか過ぎ、適合しても原発の安全性は確保されていない。規制基準は合理性を欠く」と指摘しました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150414/k10010047951000.html
内容についてコメントできる知識はありませんが、行政の判断したことを中断させる判断をしなければならない裁判官の力は大きいものですね。故矢口洪一最高裁長官は、裁判官が行政官にコンプレックスを感じずにどんどん権限行使すればいいと語っていたことを思い出します。
大飯原発3、4号機運転差止訴訟と同じ樋口裁判長なので、予想された判決。仮処分ならなおさらの結論。詳しくは、判決を読まないとコメントできない。
めずらしー。この三権分立が全然なされていない国で、”高度な政治判断”とかなぞの文言で政府の追認機関みたいなものだと思っていたが。まぁ、最高裁判所の長官が政治に任命される時点で”対政府の審理”に関しては公平性もへったくれもないのだが、樋口裁判長はキャリアを賭して(実際、名古屋家裁に移動をくらっている)、よく判決を下されたと思う。
この論理ひっくり返したら俺の面子が立たんやんかって感じなのかな?それとも既に出世がダメになって自暴自棄か。または老後は反原発界のアイドルとして生きていくつもりなのか。
関西電力株式会社(かんさいでんりょく)は、近畿地方2府4県(京都府、大阪府、滋賀県、兵庫県(赤穂市福浦を除く)、奈良県、和歌山県)および福井県(三方郡美浜町以西)、三重県(熊野市以南)、さらには岐阜県不破郡関ケ原町の一部を営業区域とする電力会社。 ウィキペディア
時価総額
1.37 兆円

業績