新着Pick
222Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
解けたシャオミマジック。希薄化するブランド価値。遅かれ早かれ魔法が解けるのはわかりきっていたこと。むしろよくここまで持続したなと。そんなことより、シャオミが創ろうとしている世界観へのワクワクの方が大きい。
"今のシャオミが目指しているのはライフスタイルの構築だ。ユーザーのありとあらゆる分野に入り込もうとしている。その細やかさは毛細血管クラス。ユーザーをMacbookやiPad、iPhoneといった3点セットに絞り込もうとしているアップルよりも、またソニーやサムスンの家電セットよりもさらに細かいレベルだ"
とても面白い議論
怒濤の新製品ラッシュをシャオミの快進撃と見るか迷走とみるか、評価は別れるところ
雷CEOになったとしたらどうするか、絶好のケーススタディですね
新製品はそれぞれ独自のユーザー視点は入ってるものの一気に買い換えが起こる類いのものも多く成長スピードは遅いはず
普通に考えればアップルのようにスマホを起点にしたモバイルでの垂直方面でのエコシステム作りに注力するのが自然な気がするのですが、そちらの動きはあまり見えず(知らないだけかもですが)水平方向に向かってるように見えるのは、垂直方面の難しさがあるのかもしれません
ルーター、コンセントタップ、モバイルバッテリー、体重計。まったく予想外の新商品が仕掛けられている。個人的には、極めていいところに目を付けたと考えている。誰もが、あまり付加価値を感じてこなかったところ、すなわち競争上、魅力にかけ、動機にも乏しいニッチ市場だった。ところが、必需品でもある。「どうせ何でもいいなら、シャオミだ」と選択しえる製品群なのだ。二つ、三つとそろえているうちに、色々なもののファーストチョイスが自然とシャオミになってくる。気付いたら、あれもこれもシャオミで取り揃えようという心理に染まってしまう可能性すらある。昔、SANYOにit'sシリーズという一人暮らし用家電の統一ブランドがあった。これも同じ狙いだったが、個々の家電製品が魅力的かどうかという点で、失敗してしまった。競争が激しい分野を横断的にブランド化しようとすると、掃除機で負けたり、冷蔵庫で負けたりして、他の「it's」製品全体にも悪影響を与えてしまうものなのだ
Appleの戦略を模倣しているとよく言われるが、Appleの戦略のキーの一つは製品絞込み。絞り込んでいるからブランドの世界観が維持されるというところがあるだろう。
前回のこの記事でもコメントしたが、最近Xiaomiはブランドの安売りをして、長期的なブランド価値をすり減らしている印象があり、この記事はまさにそれを指摘している。広げ過ぎると失敗に陥りがちなのはソニーのVAIOでもそうだったが、ではなんでそれをやっているのかというのを想像してみる。
数年でここまで注目される存在になったということから、技術的優位が少ないことを誰よりも雷氏は自覚していると思う。だからブランド力や勢いがあるうちに、他のことをやっておかないと、結局今後出る後発に捲られるだけと思っているのではないか?今のブランド力が続いて取れるマーケットと、それを先に削ってでもさらに大きい未来が広がる可能性を比較して、後者を取った。ただもちろん成功の保証はない、ハイリスク・ハイリターン戦略。
あんまり手を広げすぎない方がいい
(オリジナル記事ももちろんだけど、翻訳が素晴らしかった!! チャイ語は漢字大盛りで字面が黒く重たくなるだろうに、スピード感、リズム、茶目っ気、ああ面白かった!!)
参入障壁を作りたいのかもしれない。ただこれらの分野、先行者利益が小さい事は、スマホで小米自身が証明したはず。ブランド力の消耗で、その壁は越えられない。
シャオミのブランドって個人的にはファストファッションと同じだと思っている。ブランド価値の基準がAppleなどとは違う。
スマートホーム領域を取りにきているので、家庭内でデータの取れる家電は多ければ多いほど有利。
功を急いで色んなモノに手を出し過ぎている感じ。主力商品も目新しさが全く感じられない状況。

Xioamiの売りである低価格・高性能という戦略は、Meizuやlenovoなどがより低価格で高性能の端末を発売してきた事で崩れつつある。
今のままでは、汎用品を不安定なブランド力でなんとか売り切る会社に落ちぶれてしまう危険性もはらんでいます。

今後発表されるであろうMi4とMi Padの後継機種はXioamiの存続に影響を与えるくらいに重要。

小米科技(Xiaomi、シャオミ)は、中華人民共和国北京市に本社を置く総合家電メーカーで、2010年4月6日に雷軍によって設立された。 ウィキペディア