新着Pick

国立大に国旗掲揚・国歌斉唱要請へ首相答弁受け文科相

朝日新聞デジタル
安倍晋三首相は9日の参院予算委員会で、国立大学の入学式や卒業式での国旗掲揚や国歌斉唱について、「正しく実施されるべきだ」と述べた。これを受け、下村博文文部科学相は「広く国民に定着し、国旗国歌法が施行…
67Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
米国ハーバード大学では、普通に国旗掲揚・国家斉唱が行われていたと記憶する。税金が投入されている国立大学では、当たり前に実施すべきだと思う。グロービスの入学式と卒業式には当たり前に、国旗が掲揚されている。アジアからの留学生を含めて、誰も異議を唱えない。当たり前のことだからだ。

戦後70年も経つのだから、当たり前のことが、当たり前に実施される国にしたいですね。
いや~あほ草。しまいに大学にまで強制をするようになるとは、どこまで必死なんだと。愛国心教育に力いれてる中国とかでも、さすがに20超えた大学生の卒業式に強制しない。”国を愛する”のは大変結構なことだが、”国を愛する”の定義を、この低レベルな国会議員に押し付けられたくない、と思ってる人も多いことだろう。
大学にまで国旗と国歌というのには大いに違和感を感じます。
憲法の保証する学問の自由から大学の自治が導かれた理由は、国家権力が大学の研究・教育に介入したのでは自由な学問研究ができないからです。
この点が、単なる教育機関である小中学校等と根本的に異なるところです。
国旗・国歌が研究活動の自由に対して目に見えない萎縮的効果を及ぼさないとも限りません。
自由な研究活動が真理探究につながるという考えを少しでも持っていれば、不要な圧力(もどき)は排除するという方向にすすむべきだと思うのですが・・・。
政治家にとって、大学は小中学校と変わらない存在なのでしょうかねえ。
NPのコメント欄見ると反対な人や違和感おぼえてる人が多いけど、わたしは賛成。
愛国心なくしてどうやって強い国を作れるの?日本を強い国にしていくために知識も必要だけど、そもそもの愛国心がなければそういった知識をつけようとも思わないはず。
愛国心の程度は教育によってコントロールできるのだから、するに越したことはない。国民の愛国心が強くてマイナスなことなんてないでしょう。
そもそも今までの日本の学校が異常だった。自分の国を愛することも教育の大切な部分だというのに。こんな要請をしないといけないこと自体異常である。
これは正直言って違和感が大きい。
大学は小中高とは異なる教育機関であるとともに、海外からも留学生を抱える多国籍な機関でもある。
だいたい、下村博文などどれだけ安倍のポチなんだろうか?
補助金を受けている私立大学も右へならえとなるでしょうね。
賢い学生君は「ばかばかしい」と思うだろうな。
【政治】近代国家において国旗と国歌が存在する意味は「国民国家」というある種の「想像の共同体」を創造することにある。日本の場合、日の丸と君が代を採用していることで、「国民国家の統合」ではなく、「国民国家の分断」を生み出しているというのは皮肉である。
どのような国家観をもとうが、愛国心に何を含ませようが、日本国憲法に反しない限り、それは国民の自由。しかし、他者に一方的に強制してはいけない。